しゅう兄さんの臨床心理士的生活-心理-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.07.09(日)

マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX【本の紹介】

マンガ風にして、わかりやすく病気を紹介しようという趣旨のやつはよく見かけますが、この本は境界性人格障害と躁うつ病の診断を受けて、今なお治療中のマンガ家さんが書かれた本です。

4791106040マンガ境界性人格障害&躁うつ病REMIX 日々奮闘している方々へ。マイペースで行こう!
たなか みる

星和書店 2006-06-20

by G-Tools


ユーモアいっぱいにマンガでつづる爆笑体験記



ってことで、基本的にはおもしろおかしく描かれている本ですが、境界性人格障害(BPD)の説明なんかも、文章でわりときちんと書かれています(一番最後に、主治医の先生が書いた解説まであったりする!)。


続きを読む≫
│posted at 12:30:26│ コメント 2件
2006.07.02(日)

痛みの本

昨日のエントリ男性と女性どっちが痛みに強い?に関連して、「痛み」に関する参考文献を2,3冊。

厳密な認知心理学の話から、性格や感情の話まで含めて、「痛み」と、その前提の「触覚」について論じているのがこの本

4892426423触覚と痛み
東山 篤規 谷口 俊治 宮岡 徹

ブレーン出版 2000-04

by G-Tools

続きを読む≫
│posted at 23:59:35│ コメント 0件
2006.07.01(土)

男性と女性どっちが痛みに強い?

私の研究テーマのひとつである「痛み」の文献を読んでいて、こんな話を見つけました。

よく一般に「女性のほうが男性よりも痛みに強い」ということを言いますよね?女性は陣痛に耐えられるようにできているからとか、月経痛を経験しているからとかいう理由らしいですが、最近の研究によると、どうも「女性のほうが男性よりも痛みに弱い」という結果が出ているようです。

続きを読む≫
│posted at 22:04:34│ コメント 10件
2006.06.30(金)

精神対話士って要するに何?

前からずっと気になってたんですが、みなさんは「精神対話士」という資格をご存知でしょうか?

メンタルケア協会というところの資格らしいのですが、この協会は、

メンタルケアの担い手を養成、実践する目的のメンタルケア協会は、平成5年(1993年)9月、 慶應義塾大学医学部出身の医師たちを中心として設立された。



ってことで、以前はたしか小此木啓吾先生が会長を務められていたように記憶しています(違ってたらご指摘ください)。

続きを読む≫
│posted at 23:59:09│ コメント 35件
2006.06.29(木)

ちょっと高いけど・・・

スクールカウンセラーってのは、約10年前に始まった、学校の心理カウンセラーなんですけどね、この時給ってのがだいたい5,000円~5,500円なんですよね。

大学院を出て何年も経たない臨床心理士にこの額を払うのは、仕事の能力を勘案するとはっきり言って高すぎると思いますが、スクールカウンセラーとして求められる仕事が“きちんと”できる人への対価としては、こんなもんじゃないかなと思うんですよ。というのは、年間を通して仕事があるわけではないですし、非常勤職員という不安定な立場を考えれば、まあ妥当かなと。

県内スクールカウンセラー 報酬単価が全国最高(日本海新聞 2006/6/29)

ってニュースが出てましたが、

続きを読む≫
│posted at 21:25:15│ コメント 7件
2006.06.27(火)

コーヒーを飲むと従順に?本当?

この前、medical tribuneに載ってた記事。

〔ニューヨーク〕 クイーンズランド大学(オーストラリア・Herston)心理学のPearl Martin博士らは,適度の量のカフェインを摂取すると,説得力のある主張に耳を傾けて賛成する傾向があるとEuropean Journal of Social Psychology(オンライン版)に発表した。
 この試験では,被験者にカフェイン飲料(コーヒー 2 杯分に相当)を飲ませた後,患者の意思による安楽死に関して被験者の考えとは反対の説得力のある主張を読ませた。その後,あらためて被験者の意見を尋ねたところ,被験者はカフェインにより,自分の考えとは反対の主張に賛成する傾向がプラセボ群(カフェインなし)より高くなっていた。
 同博士は「これらの結果は応用範囲が広いと言える。コーヒー,紅茶,コーラ,ドリンク剤などのカフェインを含む食品は,ビジネスの会議における議論の合意結果に影響をもたらすことを考慮すべきである」と述べている。



Abstractの原文は、European Journal of Social Psychologyに載ってます。

続きを読む≫
│posted at 23:17:22│ コメント 4件
2006.06.26(月)

国際サイコセラピー会議

案内が届いた人も多いと思いますが、2006.8.28~2006.9.1にかけて「2006年国際サイコセラピー会議イン・ジャパンおよび第3回アジア国際サイコセラピー会議」が開かれます。

あー、行きたいなあ・・・って思うんですが、

参加費が高い!

一般事前登録30000円て・・・。当日登録で40000円て・・・。

しかも日程は月~金・・・。なんか参加費といい、日程といい、医師向けなんでしょうかね?

続きを読む≫
│posted at 22:49:31│ コメント 5件
2006.06.25(日)

聴覚障害と心理臨床

先日、ちょっと聴覚障害について調べていたのですが、聴覚障害に関する心理学の文献って他の障害に比べるとびっくりするくらい少ないんですよね。まして、臨床心理学となると、ほとんどない・・・。

でも、聴覚障害者の数って国の発表では35万人くらいいるんですよね。軽度の難聴者を含めると5,600万人もいるんだとか・・・。それだけいれば、臨床心理学的な援助の対象となる人も相当数いると思うんですけど、いかんせん、音声言語が主要な武器の心理療法ではどうにもならないんですよね。

うちにもたまに手話を第一言語としている聴覚障害者の方が入院してこられますが、やっぱり手話じゃないと細かなやりとりまではできないんですよね。事務的なやりとりなら筆談でも問題ないですが、感情とかはうまく伝わらない。

続きを読む≫
│posted at 11:33:54│ コメント 2件
2006.06.23(金)

常勤SC

4月から続いていた多忙なスケジュールも今日でようやく一段落しそうです・・・。

あんまり詳細は言えないんですけど、特に今月はいろんな意味でターニングポイントになりそうな、充実した1ヶ月でした。いやあ、ホントよく働き、そしてよく勉強しましたよ。怠け者の私は必要に迫られないとなかなか勉強しないのでちょうど良かったですけどね。

さて、昨日のニュースから

中学校のカウンセラー、確保難しく(岩手)(読売新聞)


続きを読む≫
│posted at 23:58:40│ コメント 0件
2006.06.20(火)

精神病院から精神科病院へ

もうとっくに変わっていたものとばかり思っていましたが、今国会で決まったところだったんですね。

「精神科病院」に変更 16日用語整理法成立(共同通信)

法律で使われる「精神病院」の用語を「精神科病院」に改めるなどとする議員立法「精神病院の用語整理法」が16日、衆院本会議で可決、成立する。これにより、精神保健福祉法、覚せい剤取締法、障害者自立支援法などで使われる法律用語は精神科病院となる。施行は公布の半年後。
 精神病院という名称は、治療施設ではなく収容施設のイメージが強く患者の自発的な受診を妨げており、実際にも病院や関係団体が神経科病院を使用しているなどとして、自民党の西島英利参院議員を中心に立法作業を進めた。



名称を変えるのは良いと思いますが、それが「患者の自発的な受診」を促進するのかどうかはいささか疑問ですがね。むしろ用語としては正しくないですが、すっかり定着した、「精神科」のかわりに「心療内科」を標榜することのほうが、自発的な受診の促進や、紹介しやすさには役立っていると思います。

続きを読む≫
│posted at 22:58:35│ コメント 0件
2006.06.15(木)

やたがらす

数日前から、サッカーのニュースを見るたびに、

「なんか忘れてるんだよなあ・・・。」

と思っていたのですが、さっき思い出しました!

冷蔵庫の中にこれがあったんでした。
やたがらす 初搾り汲みたて 特別純米酒 720ml

続きを読む≫
│posted at 23:50:56│ コメント 1件
2006.06.13(火)

アルツハイマー病の治療薬

アリセプト(塩酸ドネペジル)に変わる新たな認知症治療薬が開発されているそうです。

アルツハイマーの新治療法 マウス実験で効果確認

続きを読む≫
│posted at 22:56:34│ コメント 4件
2006.06.09(金)

心理カウンセラーの開業【本編】

さて、昨日の予告どおり、開業について思うところをたらたらと書いてみたいのですが、なんだかこの議論も収束しつつあるので、蒸し返すようでいささか恐縮ではあります。まあ、私が自分の意見を勝手に書くだけなので、別に議論しようとかいうことではないということを先にお断りしておきます。

昨日のエントリーでも書きましたが、元ネタはLIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!さいころじすと日記ロテ職人の臨床心理学的Blogをご参照ください。

あ、それとわからない人もいらっしゃると思うので、先に書いておきますが、開業って言うのは、たとえば、「○○心理相談室」みたいな、心理カウンセラーが個人で経営しているものを指しています。他にも、そういうオフィスをもたずに訪問カウンセリングをやってたり、企業からの請け負いで仕事をしてたりというのも開業には含まれます。ようは組織に所属せずにやってるものを指しています。(←私的定義ですので、正式には違うかもしれませんが。)

ではでは、いってみますね。

続きを読む≫
│posted at 23:59:01│ コメント 9件
2006.06.08(木)

心理カウンセラーの開業【予告編】

えと、表題の内容でエントリーを書こうと思っているのですが、多忙につき、本編は明日書きたいと思います。

このエントリーは、元はといえば、
臨床心理士雑感(LIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!)
[心理学小話][時事問題]開業臨床心理士 雑感2(さいころじすと日記)
【なんか】こんな状況じゃ開業もアリ…だけど4【誤解されてる?】(ロテ職人の臨床心理学的Blog)
といったところで議論されているものを受けてのエントリーになりますので、興味のある方はそちらもご覧下さい。

続きを読む≫
│posted at 23:19:58│ コメント 0件
2006.06.05(月)

WAIS-Ⅲ発売遅延【情報提供】

うちの病院と取引している医療関係の卸問屋から、こんな連絡が届きました。

「WAIS-Ⅲ一式(用具・検査法・記録用紙)」関しまして、版元より発売遅延の連絡がございましたので、お知らせ致します。現時点では7月上旬の発売予定となっております。



だそうです。前は検査法だけが遅れると聞いたのですが…。「現時点では」ということだし、どんどん遅れていきそうな気配もしなくはないですが、まあ、別に今何か困ってるわけではないので、いいんですけどね。

続きを読む≫
│posted at 12:59:16│ コメント 5件
2006.05.30(火)

質問あれこれ

こんばんは。今日も飲み会明けです。

さて、何人かの方々が管理人へのメッセージとかメールとかをくださっていますが、返信用アドレスがなかったり、内容がかぶってたりといったことがあったので、横着で申し訳ないですが、このエントリーでまとめてお返事したいと思います。

お題は
■臨床心理士の仕事ってどんなんですか?
■カウンセリングを受けたいので、どこか紹介してください。
■どうやったらうつ病が治りますか?

※その他の内容で、メールをいただいている皆様には、お返事をさせていただこうとは思っていますが、ちょっと多忙につき、時間がかかるかもしれません。ご了承ください。

続きを読む≫
│posted at 23:56:27│ コメント 3件
2006.05.22(月)

飲酒と自殺について

4月以降、体調が芳しくない日や、夜に仕事をしないとダメな日が多いせいで、飲酒量が随分と減っています。飲酒量が減ることはいいことのなずなのに、なんだか、飲まないと体調が悪くなるような錯覚にとらわれ、強迫的に飲酒をしなければと考えてしまう今日この頃・・・。

それって異常ですかね・・・??

さっき、「やぶ医師のつぶやき」~健康、病気なし、医者いらずを目指してというブログで、飲酒と自殺の関係についての調査ってのを見つけたのですが(エントリー「お酒と自殺リスク」)、あんまり聞かない研究だなあと思ったので、ちょっと紹介しますね(飲酒と病気についての研究は良く見かけますけどね)。

続きを読む≫
│posted at 23:57:43│ コメント 14件
2006.05.21(日)

チーム医療のための最新精神医学ハンドブック【本の紹介】

学会や研修に行くと、意外なほど見かけるのが、「精神医学ってあんまりわからないんですけど・・・」って人。“あんまりわからない”っていうのも謙遜で言ってる人もいるし、心理学に比べると知らないって意味で言ってる人もいるので、まあ、いろいろなんですけど、中には思わず「はぁ???」って声をあげたくなってしまうほど、知らない人も見かけます。

でも、心理屋さんやってて、精神医学にちっともかすらないところで仕事やってる人っていないと思うんですよね。そんなわけで、タイトルに「医療」って入ってるけど、「医療」やってる人以外にもお勧めするこの本。

続きを読む≫
│posted at 18:48:12│ コメント 4件
2006.05.13(土)

笑いの効用

今週は今年に入って最も忙しい1週間でした・・・。その前は連休、その前は体調不良で、しなきゃならんことが溜まりまくってましたので・・・。

6月くらいまでいろいろと発表やら講師やらの仕事が続くので、多分当分はこのペースかと・・・。健康管理だけは気をつけておかないと、とんでもないことになってしまいそ。

さてさて、健康と言えば、今日の記事。

笑いの効用やテクニック伝授 「京都笑科大学」開学(京都新聞)

笑って健やかに暮らすノウハウを伝授します-。日本笑い学会京都支部が6月、「京都笑科(しょうか)大学」を発足させる。



続きを読む≫
│posted at 23:54:12│ コメント 4件
2006.05.10(水)

UFOのニュースから思ったことの続き

昨日のエントリUFOのニュースから思ったことの続きです。未読の方はそちらからどうぞ。

病院でのお話の前に、“証拠”とかなんとかとかいう言葉を見てて、先に連想するのは、司法のお話ですね。

司法の世界に「UFOが存在する証拠がない」というのをあてはめると、こんな話になりますかね?

「被告が犯人であるとする証拠がない」

この文章の意味するところは、「被告が犯人とは言えないが、被告が犯人でないとも言えない」ってことですよね?

続きを読む≫
│posted at 23:55:16│ コメント 5件
2006.05.08(月)

引きこもり支援

大々的にニュースになってるので、ご存知の方も多いと思いますが、

代表理事ら7人逮捕へ、引きこもり更生支援施設の変死(読売新聞)

名古屋市北区の引きこもり者更生支援施設「アイ・メンタルスクール」で先月18日、入寮中の男性(26)が死亡した事件で、愛知県警北署は8日、同施設代表理事の杉浦昌子容疑者(49)と男の職員4人、男の入寮者2人=うち1人は少年(16)=の計7人を逮捕監禁致死の疑いで逮捕した。杉浦容疑者は容疑を否認している。



この杉浦氏というのは、ワイドショーなんかにも登場してたことがあるので、ご存知の方も多いかもしれません。彼女はカウンセラーと名乗られていますが、臨床心理士の有資格者ではないし、日本心理臨床学会などで発表しているのも見かけたことがないので、私個人としては、ワイドショーレベルでしか存じ上げないのですが、某ヨットスクールの校長に比べたら、まだ話としてはわかるなあという印象を持っていました。
続きを読む≫
│posted at 23:35:23│ コメント 5件
2006.05.06(土)

現場に出る前にせめてこれだけは

連休中に本の整理をしていたら、出てきた1冊

方法としての面接―臨床家のために新訂 方法としての面接―臨床家のために
土居 健郎

医学書院 1992-03
売り上げランキング : 15,261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有名な本なんで、すでにあっちこっちで紹介されてるかもしれませんね。

続きを読む≫
│posted at 09:35:37│ コメント 2件
2006.04.18(火)

DVとか不登校とか~気になった調査から~

最近の新聞記事で紹介されていた調査結果で、臨床心理士的に興味のあったものを・・・

DV被害の3割「夫から」 悩める女性浮き彫り(産経新聞)
配偶者からの暴行、女性3割体験 DV内閣府調査(朝日新聞)
33%の女性がDV被害・内閣府調査(日本経済新聞)

内閣府が14日発表した「男女間における暴力に関する調査」によると、夫から暴行や精神的な攻撃など「ドメスティックバイオレンス」(DV)の被害を受けた女性が33.2%に上った。過去5年以内にDV被害を受けた人の46.9%は「誰にも相談しなかった」と答えており、独りで悩みを抱え込む女性が多い実態も浮き彫りになった。



そんなに多いんですか!?
私が世間知らずなだけかもしれませんが、にわかに信じがたい数字です。ただ、この手の調査は、質問の仕方によって、大幅に結果が変わると思いますし、DVの定義をある程度明確にしてから調査したほうが良いように思います。まあでも、多少オーバーな数字が出るほうが、国が予算をつけたりする根拠になりやすいのでいいのかもしれませんが。

続きを読む≫
│posted at 07:48:02│ コメント 15件
2006.04.07(金)

人生経験がないことは、いつもマイナスか?

久しぶりの某コミュニティサイトのコミュニティを覗いてみました。いちおう心理学系のコミュニティも覗くのですが、相変わらず罵りあい議論が盛んなことで・・・。

あそこのコミュニティでよくみかける議論のひとつに「心理カウンセリングには人生経験が大事」「いや大事なのは知識と技術で、人生経験は関係ない」っていうのがあります。

私はどっちかというと、「関係ない」に近い立場なのですが、「関係ない」っていうよりももっと積極的に、人生経験がないってことがむしろプラスに働くケースもあるんじゃないかなあって考えています。

続きを読む≫
│posted at 23:59:20│ コメント 8件
2006.04.05(水)

Amazonがお得!

皆さん、ご存知でしたか?

今、Amazon.co.jpでは「本+CD Amazonギフト券還元プログラム」の還元額が2倍になっています。

和書ストア洋書ストア、またはミュージックストアの商品を1か月間(毎月1日から月末日までの間)に合計5000円以上10000円未満(税込)お買い上げいただくと500円分、合計10000円以上(税込)お買い上げいただくと1000円分を、キャンペーン用Amazonギフト券で還元します。(Amazonマーケットプレイスでの注文を除く)。



ということらしいので、本を買うなら、Amazon.co.jpで!(サイドバーの「しゅう兄さん推奨品」も更新しましたので、ご参考までにどうぞ)


さてさて、そんな私が最近買ったお勧め書は・・・

続きを読む≫
│posted at 23:29:09│ コメント 0件
2006.03.29(水)

ニセ科学

こういうの、私は大好きなんですよね。

<ニセ科学シンポ>血液型性格診断など議論 愛媛大で開催へ(毎日新聞)

大好きと言うのは、もちろん、「血液型性格診断」が大好きだということではないですよ。人はなぜデマを信じるかみたいな話です。

それにしても、「血液型性格診断」はもうニセ科学ってことに、認定されているのですねえ…。

血液型による性格診断など、社会に広く受け入れられている「科学的に見える非科学」にどう対応すべきか考える初の取り組み



某テレビ局の“あ○○る大○典”なんかでは、つい最近まで正当な科学かのように紹介されてましたが…。


続きを読む≫
│posted at 14:02:33│ コメント 0件
2006.03.27(月)

「社内うつ」のお話の続き

昨日のエントリ 社内うつ? の続きです。

まあ、昨日も書いたように、ようは職場不適応ってことで、適応障害ってのとも違うし、そんなのにあえて、「社内うつ」なんて名前をつける必要性もイマイチよくわからないなあと思ってみたりしたわけです。

続きを読む≫
│posted at 23:59:10│ コメント 5件
2006.03.26(日)

社内うつ?

日経BP社のホームページにこんな特集が載ってました。

<今週のハイライト>20~30代で急増する「社内うつ」(1)-SAFETY JAPAN 2005 [レポート]-日経BP社

社内うつ・・・

なんですか、それ??

詳しくは本文を読んでいただければと思うのですが、

本当のうつ病というのは遺伝的要因が強く、睡眠がまったく保てず、全体的なエネルギーがひどく下がってしまう病気です。うつ病はどこの国でもいつの時代でも人口の0.3%程度しかいない。ところが、相談に来る多くの人たちにそんな症状はなく、確かに職場では意欲や集中力が低下するが、職場を出れば元気になるし、住んでいる地域では町内会の世話役なども熱心にこなしている。つまり、これは適応障害なんですね。そこで、私はうつ病と区別するために、これを“社内うつ”と命名したんです



ということらしいです。

あの、私産業カウンセリングとかは専門ではないので、よくわかりませんが、


続きを読む≫
│posted at 11:38:45│ コメント 2件
2006.03.23(木)

岩月謙司氏、実刑判決

香川大学教授の岩月謙司氏に懲役2年の実刑判決が言い渡されたそうです。

準強制わいせつ罪の香川大教授、懲役2年の実刑判決

2002年4月に心理療法と称して20代の女性にわいせつ行為をしたという容疑です。

続きを読む≫
│posted at 22:55:37│ コメント 3件
2006.03.16(木)

テキスト的なものでは過去最高傑作!

今日届いた本です。

カウンセリングの治療ポイントカウンセリングの治療ポイント
平井 孝男


創元社 2005-09
売り上げランキング : 90,452

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


平井孝男氏は精神科医ですが、臨床心理士資格も取得されて、精神科医としての診療と、臨床心理士としてのカウンセリングを両方実践されている方です。

続きを読む≫
│posted at 23:32:44│ コメント 4件
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。