しゅう兄さんの臨床心理士的生活-少子化対策-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.01.15(日)

少子化対策

おとといくらいから少子化対策に出産費用の無料化を検討というニュースが流れています。

<少子化対策>出産費無料化を検討 猪口担当相
少子化対策で出産無料化??? 猪口氏独走、強い意欲 安倍長官ら即座に否定
出産無料化「国民の意見の1つ」=猪口担当相

うちは現在のところ子どもがいません。

なので、これからもし子どもができるとしたら、

ありがたいと言えばありがたいので、

推進してもらって損はないように思いますが、そもそも



「出産無料化は出産意欲の向上につながるのか??」



と思ってしまうのですが・・・。



むしろ出産を躊躇するとしたら、子育て全般にかかる費用を思ってだったり、

女性にとって仕事がしにくい環境になってしまうことだったりでしょうから、

そのあたりの対策をメインに持ってきてもらいたいんですけどね・・・。

もちろん他にも、

猪口氏は、地方自治体などからの要望という形で、(1)出産費の無料化(2)児童手当の拡充(3)乳幼児医療費の助成(4)女性の出産後の再就職支援--などの検討事項を挙げた。推進会議は今後、(1)働き方の見直し(2)地域における子育て支援(3)経済支援--の三つの視点を取り入れながら検討を進める考え


とのことらしいので、出産無料化だけで少子化が止まるとは思ってないでしょうけど

まあ、「出産無料化」のほうがキャッチーな感じなので、メインに持ってくるんかな?



あと、育児支援計画の公表要請 官民トップ懇談で政府で、

政府は15日、少子化対策を推進するため、従業員301人以上の企業に策定義務がある仕事と子育ての両立支援に関する「行動計画」を各社が自主的に公表するよう求める方針を決めた。


とありましたが、

こういう「○○対策」などを企業に求めるときって、

いつも従業員数が多いところだけが対象になるんですよね。

小さい会社がやるのは大変だというのはわかりますが、

この規模以下の会社に勤めてる人のほうがむしろ多いわけでしょ?

民間まかせにしないで、政府主導で決めたりはできんもんかなあと思います。

「じゃあ、おまえがやってみろ!」

と言われても無理ですけど、

「おっ!」

と思えるような政策を政府が出してるのを最近見たことがないので、

つい、イライラして書いてしまいました・・・。

人気ブログランキング
子育てものブログ見てると楽しそうだけど大変そう・・・
ま、当たり前か・・・。



スポンサーサイト





│posted at 23:26:27│ コメント 8件
≫コメント 
> つい、イライラして書いてしまいました・・・。

笑ってしまいました。

世の中なかなかいいようにはいかんものですねえ・・・。
デスマ│URL│posted at 2006-01-16(Mon)│編集
>デスマさん

日本酒片手にニュース見ながら、
テレビに向かって、

「猪口さ~ん! そりゃ違うだろう?」

などとブツブツ言ってました・・・。
会社で欲求不満の溜まってる中年風に・・・。

>世の中なかなかいいようにはいかんものですねえ・・・。

「そう!世の中間違っとる!!」
(居酒屋のカウンターで管を巻く中年風に)



しゅう│URL│posted at 2006-01-16(Mon)│編集
TBさせていただきました。
おっしゃるとおり、少子化対策は、出産を無料化することだけでは解決しないのですが、
とりあえず目の前の20万をどう手当てするかっていう、第一関門でつまづく若い人も少なからずいるとも思うんですよね。
「産むだけでこんだけかかるんだから、育てるのに一体幾らかかるのやら…」てなぐあいに。
sumibozu│URL│posted at 2006-01-16(Mon)│編集
>sumibozuさん

コメント&TBありがとうございました。

>とりあえず目の前の20万をどう手当てするかっていう、
>第一関門でつまづく若い人も
>少なからずいるとも思うんですよね。

えと、20万でしたっけ?今は30万出てるんですよね。で、もうじき35万になって、今回の話はそれ以上の自己負担分もすべてということでしたよね。

で、思うんですけど、そのお金でつまづいてしまう人が安易に子ども作ろうとするのはどうかと思うのですよ。

だって、間違いなくその後のほうがお金はかかりますからねえ。

産むところまではお金が出るし、何とかなると思って産んでみたけど、やっぱりお金がなくて育てられないと思い・・・

なんてことにもなりかねないと、大げさに言えば考えてしまうのですよ。

しゅう│URL│posted at 2006-01-16(Mon)│編集
その後もお金はかかるんですが、高学歴とかお稽古ごととかを特に希望せず公立校を選べば、「いっきに大金」ってのは出産時・進学時くらい?あとは基本毎日少しずつでよく見ると結構かさんでいる、という感じなので、結構なんとかなるもんですよ。
なんともならんのはやっぱり「いっきに大金」のほうです。

今も、30万は出ますけれど、30万では入院費用には足りない場合も多くて、はみ出した分を食費に換算すると結構数ヶ月分になる場合もあります。何より、後日返金なので、退院時に自分で払えるよう用意しなければなりません。
生まれるまでの半年間、月に1~4回健診に通う費用もかかります。(1回5000円~10000円、検査があると20000円前後になることもある)
まして最近多いデキ婚だと、同時に引っ越し費用なども一気に発生する場合があります。

ただ、今も相談すれば30万を引いた金額で病院から請求してもらうようにできるはずなので、まずはそっちのシステムをアピールしてもいいんじゃ?と思いますが。

この出産無料って、対象は日本人だけなんですかねぇ。
出産費用を払えない外国人が、母体も回復しないうちに脱走するケースが結構あって、病院にも負担になりますし母体の健康のためにもよろしくない、と問題になってますよね。

そこまでいかなくても、入院費用を払えないからと医師に従わずにムリに退院する人はいます。健診を”節約”し、妊娠中毒や妊娠糖尿病を放置してしまう場合もあります。
少子化への効果云々はともかく、母体保護を思えば、無料化って悪くないと思いますよ。
できれば出産ばかりでなく、健診費用も無料かして欲しいものです。

ただ、設備の豪華さとかステイタスとかがあって、病院によって出産費用って色々(30万程度~80万、100万)ですから、そのへんはどうなるんでしょうね。
千尋│URL│posted at 2006-01-17(Tue)│編集
>千尋さん

詳細なコメントありがとうございますm(_ _)m
非常に勉強になりました。

>「いっきに大金」ってのは出産時・進学時くらい?
>あとは基本毎日少しずつでよく見ると結構かさんでいる、
>という感じなので、結構なんとかなるもんですよ。

まあ、普通はそうなんでしょうね。
私の想定してたのが、「共働き」「でも二人ともフリーター」「今までも食うのがやっと」みたいなのだったので・・・。

私なんかにとっては、非常に役に立ちます!
最初さえ出してくれたら、金銭的には明日でもOkみたいな・・・(笑)

>今も相談すれば30万を引いた金額で病院から請求してもらうようにできるはずなので、
>まずはそっちのシステムをアピールしてもいいんじゃ?と思いますが。

あー、そうですよねえ。それはみんな知らないかもしれませんね。
ちなみに、話はずれますが、日本の医療って外国に比べると優しいというか、よほどの病院じゃない限り、ホームレスになるのが分かってて放り出したりはしないし、結構気長に支払いは待ってくれますよね。国民健康保険入ってなくても手続きすればすぐに何とかなるし。

>出産費用を払えない外国人が、母体も回復しないうちに脱走するケースが結構あって、

諸外国ではそのへんが、もうちょっとシビアなんでしょうね。それもあって、脱走してしまうのかと。

無料化の対象はおそらく日本人だけなのでは?もしかしたら、正規に滞在している外国人も対象になるのかな?
しゅう│URL│posted at 2006-01-18(Wed)│編集
【DINKSの方が老後も絶対的に有利】。
結婚しても子供のいない方をDINKSという。

----------------------------------
年齢や生涯賃金などの条件がまったく同じ二組のカップルがいると仮定しよう。

一方の夫婦は妻が子供を二人産み、子育て終了後にパートで働き、もう一方の夫婦はDINKSとして働き続けたとする。その場合、【二つの世帯の収支の差額は、2億2千500円~2億4千500万円】にもなる。ここから所得税の扶養控除等を差し引いたとしても、2億円以上の差は残るだろう。年金の受給額も、妻が基礎年金(月額6万7千17円)しか受け取れない子育て世帯より、夫婦二人とも厚生年金(標準世帯の平均月額36万7千円)を受給するDINKS世帯の方が上回り、引退後も差がつく。彼らが受給する年金の保険料を負担しているのは、一方の子育て世帯が育てた子供達であるにもかかわらず――。

参照↓
http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/gray3.htm

DINKSもそうだが、シングルも社会保障のタダ乗りができる。子育て世帯のアクセク振りを優雅に横目で眺めながら、老後の「助け」だけはしっかりもらうのだ。

不公平と思うなら「産まず育てず」に尽きる。
「産まず育てず」│URL│posted at 2006-01-23(Mon)│編集
>「産まず育てず」さん

コメントありがとうございます。

>DINKSもそうだが、シングルも社会保障のタダ乗りができる。
>子育て世帯のアクセク振りを優雅に横目で眺めながら、
>老後の「助け」だけはしっかりもらうのだ。

まあ、おっしゃるとおりで、DINKSやシングルが「ずるい感じ」は何となくしますが、仮にそうだとしても、以前の世の中なら、子どもがいない家や独身の人を、いまほど「優雅」でいいよねえとは思わなかったんでしょうね。


ちょっと前まで、「子どもがいること」は、「子どもがいないこと」よりも圧倒的に価値があったような気がするし、そんな時代だったら、「社会保障はたくさんもらえるけど、子どももいないし、老後を考えると寂しいお宅よねえ」なんて思われたのでしょうかねえ・・・。
しゅう│URL│posted at 2006-01-24(Tue)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。