しゅう兄さんの臨床心理士的生活-風邪予防は大切だけど・・・-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2005.11.30(水)

風邪予防は大切だけど・・・

気温が急に下がると、風邪ひきらしき人間が一気に増えます。
うちの相方もここ2,3日風邪のようだし、
職場でも3人に1人は風邪ひいてるような感じ・・・。

で、総合病院に勤めてる人はわかるかもしれませんが、
風邪ひいて咳がひどい人なんかはわかるとしても、
そうでない人、まだ元気な人も、みんな予防のためということで、
マスクをするんですよね。

まあ、病原菌がわんさかいるところにいるわけだから、
予防のためにマスクが必須というのはわかるんですけど、

私は基本的にはマスクしないんです。
(感染症で隔離されてる人に合うとかは別ですよ?もちろん)
てか、臨床心理士の皆さんはマスクってしますか?

もちろん面接場面以外はしたっていいですけど、
マスクして面接なんてできます??

マスクすると表情読めないから、不安を与えやすいような気がするし、
なんか、すごい距離感を感じると思うんですよね?
何より、
「セラピスト(自分)が風邪ひいてて、クライエント(相手)にうつさないため」
ってのはまだわかってもらいやすいけど、
「クライエント(相手)から、セラピスト(自分)が風邪をもらわないため」
って設定はどうも気がひけるのですよね・・・。
クライエントが明らかにゴホゴホしてるとかならまだしも、
別に特に咳してるわけでもないのに、念のためとかなると、
やっぱり感じ悪いと思うんですよね・・・。

なので、必要性は重々承知していながらも、
面接中にマスクをすることに抵抗のある私なのでした。
皆さんはどうされてるんでしょ??

...ランキングへ


スポンサーサイト





│posted at 23:56:05│ コメント 8件
≫コメント 
 そういえば、マスクをして職場に行っても、すぐにポケット行きでした(そして仕事用のカーディガンに、忘れ去られた使用済マスクが蓄積されていくのです・・・)。あんまり意識してませんでしたけど、自分が話しづらいだろうなあって思うことは、やっぱりしたくないですもんねえ。「目を見て喋るのが苦手な人は、相手の口から鼻にかけて見ると印象が良い」っていいますし(でも実際それをされると小鼻が痒くなってきます(笑))、相手の話を聞いてるときには、口角を上げ下げしたりして、口元の表現で相づち打ったりもするので、やっぱりマスクはあると邪魔です。
 風邪をひいてくしゃみ連発だったり、鼻が垂れてしょうがないって時には、仕方なくハンドタオル&ボックスティッシュ必携で臨むくらいでしょうか。
 (あ、あと学校は寒いので、ヒーターとか膝掛けも持ち込みます・・・大荷物だ・・・)
 そう考えると、健康管理って大事ですよね~。
ほむ│URL│posted at 2005-12-01(Thu)│編集
僕も自分が咳をしているとき以外はしませんね・・・
といいつつ,つい先日かなりの風邪をひいてしまい,しかたなくマスクをしていましたが・・・
カウンセリングするときには,確かにマスクは百害あって一利なしだと思います.それでなくても「風邪ですか?」ってクライエントさんに心配かけそうですしね~
すえぞう│URL│posted at 2005-12-01(Thu)│編集
最近、マスク装備で面接・検査をしているロテ職人が来ましたよ。

ええ、大変やりにくいです。とにかく早く治さねばなりません。

こんなとき「心理職は風邪ひくな」という院の先輩のことばを思い出します。
ロテ職人│URL│posted at 2005-12-01(Thu)│編集
>ほむさん
>自分が話しづらいだろうなあって思うことは、やっぱりしたくないですもんねえ。

そうなんですよねえ。うちの職員みんなマスクしてるもんだから、会議の時しゃべってて腹立ってくるときあるんですよね・・・。

>学校は寒いので、ヒーターとか膝掛けも持ち込みます

ヒーター持込は大変ですね。昔相談室勤務の時は相談室にはヒーターありましたけど、あれは恵まれてたってことか・・・。
しゅう│URL│posted at 2005-12-02(Fri)│編集
>すえぞうさん
>「風邪ですか?」ってクライエントさんに心配かけそうですしね~

そうですねえ・・・。でも、自分のことでいっぱいいっぱいだった人が、セラピストの心配したり、どうでもいい話をするようになると、ちょっと変わったかな?って思えてそれはそれで意味あったりもしますけどね。
しゅう│URL│posted at 2005-12-02(Fri)│編集
>ロテ職人さん

随分と調子悪そうですねえ・・・。
インフルエンザ陰性だったのが、せめてもの救いですね。

>「心理職は風邪ひくな」という院の先輩のことばを
そうそう。それに、心理職は他職種と違って、フォローができないですもんね。「風邪で休みだから、今日は変わりにこの人が面接します」みたいなことはありえないですしね。そのへん、職場の医師やリハビリの人達見てると、うらやましいなあと思います。
しゅう│URL│posted at 2005-12-02(Fri)│編集
コミュニケーションは、話す内容以外に、
姿勢とか、表情、声のトーン、身振り手振りなど
全部ひっくるめて「なんぼ」と思っているので、
仕事でもマスクはしませんね。

咳がひどいときは、ハンカチを口元にあてて
乗り切っています^^
なじま│URL│posted at 2005-12-02(Fri)│編集
>なじまさん

>コミュニケーションは、話す内容以外に、
>姿勢とか、表情、声のトーン、身振り手振りなど
>全部ひっくるめて「なんぼ」と思っているので、
>仕事でもマスクはしませんね

さすが!プロの営業の人ですね!
医療現場にはこういうのウトイ人多いので、
見習ってもらいたいもんです・・・。
しゅう│URL│posted at 2005-12-03(Sat)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。