しゅう兄さんの臨床心理士的生活-うつ病の本-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.10.17(火)

うつ病の本

最近というか、今年に入ってから、講演とか講義をする機会が多くなってきました。自分で言うのもなんですが、はっきり言って講演などという大それたことができるレベルにはないと思うのですが、人材不足なんですかねえ・・・。

それはそうと、臨床心理系の大学生や大学院生への講義と、一般人向けの講演とを比べれば、内容的には学生への講義のほうが専門的で深い内容なんですが、実際話すときに難しいのは一般人向けの講演なんですよね。一般向け講演なんて、ごく基本的な部分しか話さないのですが、要点を絞って、誰にでもわかる言葉で話すってのが難しいんですよね。

そんなとき、私が参考にすることが多いのが、“新書”です。新書は「ページ数が少ない(要点が絞られてる)」「平易な文章」「講演慣れしてる人が書いてる」って点で、講演をする際には非常に参考になります。

なので、心理学は勉強したいけど、専門家になりたいわけでもないって人にも新書はお勧めです。昨日ちょうど、

ところで質問なのですが、心理に関する本で看護師に分かりやすいお勧めの本はありますか?



って、コメントもいただいていたので、とりあえずは「うつ病」について書かれた新書を紹介したいと思います。

うつ病がらみの新書は家に3冊しかなかったので(たしかもうちょっと読んだことあったけど、所在不明・・・)、3冊をお勧め順に紹介。

4061497529うつ病をなおす
野村 総一郎
講談社 2004-11-19

by G-Tools


1番はコレですね。とにかく読みやすい。わかりやすい。5章くらいの「性格改造法」って章は、その章の名前が個人的に嫌ですが(認知の歪みの修正を性格改造って言うのも強引だなあと)、病気の解説から治療法の紹介まで、非常にわかりやすく書かれています。「うつ病性障害」「双極性障害」「気分変調性障害」の3つを事例もどきで紹介しているので、具体的でいいです。野村氏が実際にやったという断眠療法の紹介は笑えましたが(病院で患者たちと看護師とでみんなで徹夜したらしい。効果のあった人もいたらしいですが、多くが一時的な効果で、エビデンスは出ていないそうな。)。


4569610846「うつ」を治す
大野 裕
PHP研究所 2000-04

by G-Tools


うつ病と言えば、認知行動療法。認知行動療法と言えば、大野裕氏ってことで、大野氏の本です。治療法に関する説明の部分に占める心理療法の割合が高いのがさすが大野氏の本という感じですが、うつ病そのものの説明の部分が、学問的知識がまったくない人が読んだ場合、ちょっと読みにくいかもという印象。多分それは、上で紹介した野村氏の本を先に読んだからだと思うんですが、もうちょっと具体例の提示が欲しかったかなあ思います。しかし、心理療法の紹介をこれだけのページ(60ページくらい)にまとめて、しかも要点は外していないのはさすが。

4007001154「うつ」からの社会復帰ガイド
うつ気分障害協会
岩波書店 2004-06

by G-Tools


社会復帰というか復職に焦点を絞った本です。ですので、うつ病そのものを知りたければ上記2冊のほうがいいですが、上記2冊があまり書いていない、社会復帰のプロセスはこっちのほうがよくわかります。実はかなり前に読んだので内容はうる覚えなんですが、行動療法的な視点が強かったような印象です。行動と気分を記録したりとか認知行動療法にも出てきそうなのが、実際のシートとともに紹介されてました。覚えてる印象では、うつ病の真っ只中の当事者が読むと焦ってしまいそうな感じ。どちらかというと、心理士や精神保健福祉士にお勧めかも。

てわけで、うつ病の新書3冊でした。もうちょっと思い出したら追記します。

で、次はこちら⇒
スポンサーサイト





│posted at 07:37:19│ コメント 7件
≫コメント 
勉強しなきゃなーと思いながら踏み込めてません。
頼りにしております。
not a sort of girl│URL│posted at 2006-10-18(Wed)│編集
>内容的には学生への講義のほうが専門的で深い内容なんですが、実際話すときに難しいのは一般人向けの講演なんですよね。

わかる~~~。難しいです。ホントに。新書ですか、参考にします。でもたまに(この人誰?)という先生がいたり。。。
【家族心理.com】管理人│URL│posted at 2006-10-21(Sat)│編集
>not a sort of girlさん

同じく踏み込めていない領域多数です。
ともに頑張りましょう!


>【家族心理.com】管理人さん

新書で、かつその分野では有名な先生のがいいですね。エントリーのようにうつ病なら、大野氏や野村氏といった具合です。

誰?みたいな人が書いてるやつは却下です。
しゅう│URL│posted at 2006-10-24(Tue)│編集
このコメントは管理者の承認待ちです
-││posted at 2006-12-30(Sat)│編集
このコメントは管理者の承認待ちです
-││posted at 2007-01-02(Tue)│編集
このコメントは管理者の承認待ちです
-││posted at 2007-01-05(Fri)│編集
このコメントは管理者の承認待ちです
-││posted at 2007-02-06(Tue)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。