しゅう兄さんの臨床心理士的生活-こんなとこにも臨床心理士-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.08.16(水)

こんなとこにも臨床心理士

前に臨床心理士のボランティア(2/24)というエントリーの中で、災害地でのボランティアの話なんかを書きましたが、こんなところでも臨床心理士のボランティアを募集していました。

国境なき医師団日本

国境なき医師団てのは、ノーベル平和賞も受賞した医療ボランティアの国際組織です。

国境なき医師団(MSF)は、非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。緊急医療援助を主な目的とし、世界約70ヵ国を越える地域に年間約3,500人の医師、看護師、助産師らを派遣して、危機に瀕した人びとの救援活動を行っています。1971年にフランスで設立されました。



よくニュースでも出てくるので、名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

国境なき医師団 - Wikipedia

今は、レバノンなどでの活動が中心になっているようですが、この組織、もともとは医師が組織した“医師団”ですが、今では医師以外の職種もたくさん働いています。募集職種は次のとおり。

内科医(一般内科、呼吸器、感染症の専門家)
外科医
麻酔科医
産婦人科医
小児科医
精神科医
看護師
助産師
臨床検査技師
薬剤師
臨床心理士



てことで、臨床心理士も入っているんですよね。心理職の活動レポートもホームページ上にありました。

「体験を聞き、共有することが初めの大事な一歩です」-ベイルートの避難民に心理ケアを開始-

私たちは心理面での応急処置を行っています。深呼吸やリラックス体操などにより、大人だけでなく子どものストレスも解消することを目的とするものです。彼らが通常の日常生活を再び送れるように手助けを行います。



このへんは、日本の震災関係のボランティアでも行っていた内容ですね。

また、彼らの肉体的苦痛がいかに心的外傷を残すような経験と結びついているかを学び、自分自身で苦痛に対応できるように、認知行動療法も用います。



ここらへんになると、私の知る限り、危機介入レベルで行っていたかどうか微妙なところです。

さらに、私たちは1組、あるいは数組の家族が共に席に着き、どんな問題があり、恐怖に感じているかを話し合うグループセッションも立ち上げています。



これも、避難所での活動ではやっていなかったと思います。どんなふうに導入して、どう進めるのか聞いてみたいです。

近日中に開始する予定の特別プログラムを準備しています。子どもたちはすることがなく、おもちゃもなく、学校にも行っていません。そのため、私たちははおもちゃを持っていき、子どもたちと一緒に遊んで触れ合うことで地域の人びとを元気付ける予定です。



おもちゃは持って行きませんでしたが、これは私が震災被災地のボランティアに行ったときもやってました(私は子ども担当ではなかったので、直接はやってませんが)。

以上を見ていくと、結構きちんとしたノウハウがあるんでしょうかね?研修があるのかどうかはわからないですが、マニュアルなんかがあって、そのとおりやっていくのか、個々の力量頼みなのか、どんな感じなんでしょうね。



興味はあるのですが、日本国内で震災関連のボランティアに行くよりも格段に危険性が高いので、行くにはかなりの覚悟がいるなあという感じ。というか、そもそも実力不足というか、根本的に応募資格を満たしていないので、行きたくても断られるでしょうがね。

募集条件

臨床経験2年以上 (外科医のみ7~8年の経験)
熱帯医療研修修了者、疫学の知識のある方、結核・HIV/AIDSなど感染症の臨床経験者歓迎。
臨床検査技師については血液学、細菌学、寄生虫学の分野での経験者を希望。
英語もしくはフランス語で日常生活及び援助活動を支障なくこなせること。
半年から1年の任期に応じられる方。ただし外科医は1ヶ月の派遣からあります。



日本からはこの5年くらいの間に3人が派遣されているようです。行ったことある方の話も聞いてみたいです。 >行ったことある方

語学が最大のネックですが(「援助活動を支障なく」って言われると・・・)、こんなところで、役に立つ臨床心理士になりたいもんです。

ランキングもよろしくです。→医療・健康系ブログランキング
スポンサーサイト





│posted at 07:50:11│ コメント 2件
≫コメント 
>当エントリーに無記名でコメントされた方へ

当エントリーとまったく関係のないコメントであったので、スパムコメントとして、削除させていただきました。

>何やこれさん

それに関連したコメントでしたので、スパムではありませんが、削除させていただきました。



以上、ご了承ください。
しゅう│URL│posted at 2006-08-18(Fri)│編集
2006年に書かれたものですのでものすごい年月差でのコメントになりますが…

私、ちょうど先ほど国境なき医師団のページを見ておりまして、
このところ「『私なんて心理職やし、海外行っても何にも手助けできひんわ。いっそ看護士になればよかった…』って思ってたけど、臨床心理士も募集あるんやっ」と思い、プリントアウトしたとこなのです。

それから少しネットで職探しをしておりまして、その関係でこちらのページに辿り着きました。

国境なき医師団良いですよね。
私は昨年末にやっと資格をとったところなのですが、
少なくとも2年の臨床経験が要るので
語学勉強しつつ、行けるようになりたいです。
ほうげつ│URL│posted at 2008-02-03(Sun)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。