しゅう兄さんの臨床心理士的生活-常勤SC-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.06.23(金)

常勤SC

4月から続いていた多忙なスケジュールも今日でようやく一段落しそうです・・・。

あんまり詳細は言えないんですけど、特に今月はいろんな意味でターニングポイントになりそうな、充実した1ヶ月でした。いやあ、ホントよく働き、そしてよく勉強しましたよ。怠け者の私は必要に迫られないとなかなか勉強しないのでちょうど良かったですけどね。

さて、昨日のニュースから

中学校のカウンセラー、確保難しく(岩手)(読売新聞)


不登校の早期解決のために中学校に配置しているスクールカウンセラーの確保が難しく、県教委が頭を悩ませている。県内には、主な担い手である臨床心理士の数が少ないためだ。



大都市圏ではあまりまくってますが、やはり地方都市では足りないくらいなんですね。

県教委によると、今年度は40人を配置しているが、うち24人が臨床心理士。



臨床心理士の割合は6割ですねえ・・・。大都市圏ではほぼ100%ですから、このへんも随分状況は違いますねえ。で、まあそんなことはどうでもいいんですけど、

拠点校方式を導入しても根本的な解決にはつながらないため、県教委は、臨床心理士養成課程のある県立大学や岩手大学の大学院との連携を深めるほか、スクールカウンセラーを県の職員として採用することも検討している。



県職員採用ですか!それは近県からの人も含めて応募が殺到するでしょうね。県職員となれば、長く続けてもらえるわけだし、人事採用さえ誤らなければ、一定レベルの心理士が一定数確保できるので、かなり状況は改善されるでしょうねえ・・・。なにせ現状では、臨床心理士を持ってさえいれば誰でもできるわけですからね(特にこういう臨床心理士過疎地では)。

今日は早く寝ます。あとはこちらで人気ブログでも
スポンサーサイト





│posted at 23:58:40│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。