しゅう兄さんの臨床心理士的生活-DVとか不登校とか~気になった調査から~-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.04.18(火)

DVとか不登校とか~気になった調査から~

最近の新聞記事で紹介されていた調査結果で、臨床心理士的に興味のあったものを・・・

DV被害の3割「夫から」 悩める女性浮き彫り(産経新聞)
配偶者からの暴行、女性3割体験 DV内閣府調査(朝日新聞)
33%の女性がDV被害・内閣府調査(日本経済新聞)

内閣府が14日発表した「男女間における暴力に関する調査」によると、夫から暴行や精神的な攻撃など「ドメスティックバイオレンス」(DV)の被害を受けた女性が33.2%に上った。過去5年以内にDV被害を受けた人の46.9%は「誰にも相談しなかった」と答えており、独りで悩みを抱え込む女性が多い実態も浮き彫りになった。



そんなに多いんですか!?
私が世間知らずなだけかもしれませんが、にわかに信じがたい数字です。ただ、この手の調査は、質問の仕方によって、大幅に結果が変わると思いますし、DVの定義をある程度明確にしてから調査したほうが良いように思います。まあでも、多少オーバーな数字が出るほうが、国が予算をつけたりする根拠になりやすいのでいいのかもしれませんが。

もっと信じがたいのはむしろこっち。

こうしたDVが「何度もあった」人は10.6%、「1、2度あった」が22.6%だった。逆に妻からのDVを経験した男性は17.4%。



既婚男性の6人に1人が妻からDV!?そんな馬鹿な!!・・・と思ってしまうのですけどね。


不登校 5年前より24人減 -下松市教委、2004年度まとめ- (中国新聞)

今頃「2004年度」のまとめ??って突っ込みは置いといて、

下松市教委が、カウンセラーや元教員、PTA役員経験者ら教職員以外のスタッフによる相談室などを設け、不登校の児童・生徒に対応している。スタッフは一年更新で委嘱。不登校の児童・生徒は二〇〇四年度は三十一人となり、五年前に比べて二十四人減った。



5年前の55人から24人に減ったということですね。数字だけでは約60%減になりますから、減ったといえば減ったのですが・・・。

スタッフは七人。市内の中学校三校に設けた「心の教室」の相談員や、同市笠戸島の市教育支援センターに設置する、学校に行けない児童・生徒が通って自主学習や野外活動をする「希望の星ラウンジ」の運営に携わる。

 心の教室は一九九八年度から、ラウンジは九九年度から、それぞれ活動を始めた。スタッフは子どもの心を支えるよう話を聞き、ケースによっては家庭訪問もする。市教委は「成績を評価する教職員よりも話をしやすく、やる気や自信を引き出せるケースもある」とみる。

 さらに、〇二年度から、臨床心理士が全市域の子どもたちや親のカウンセリングをする「くだまつふれあいラウンジ」を、小中学校を巡回しながら開設している。



小さな市のわりに細やかな取り組みをされてるなあという印象です。たしかに、効果があったのかもしれませんが、それだけに、こんなちゃっちい数字を前面に出してこないほうが良いように思いますけどね。母集団の数がどれだけ変動したのかもわからないし、そもそも不登校の数が少ないので、ちょっとわかりにくい感じがします。まあこれも一般向けにアピールするという意味では良いのでしょうけど。

できれば、不登校になりかけてたケースにこういう対応をして、未然に防げたとか、復学させられたとかいった報告もしてもらいたいです。

いつもありがとうございます。→
スポンサーサイト





│posted at 07:48:02│ コメント 15件
≫コメント 
望まないセックスの強要まで含めれば、
結構人数いると思いますよ。>DV
千尋│URL│posted at 2006-04-18(Tue)│編集
最近は、小さい市や町の方が、住民のニーズをダイレクトに受けるので対応せざるを得ないということもありますし、小さいからこそ動きやすいというメリットがあります。

私の生息地の県でも、とある小さい町が、0~18歳の子どもの発達を支援する機関ができました。
takashi│URL│posted at 2006-04-18(Tue)│編集
しゅう兄さん、こんにちわ。黄砂吹く町より。
千尋さんのコメント見て、ゾワ~っとしました。
「それ」を含めたら、物凄い多いと思う!!
私も「それ」でこの世に生を受けた輩ですわ。。。

城崎│URL│posted at 2006-04-18(Tue)│編集
はじめまして。
いつもROMらせていただいています。

千尋さんのコメントに触発されたのですが、
DVに夫婦間の性交渉の強要が含まれる
ということが数年前に話題になっていたので、
DVの範囲の認識が広がり、数字が大きくなったのではないかと思いました。

暴力を振るわれて無理やり・・・
ではなくても、拒絶しただけで機嫌が悪くなったり、
口を利いてくれなくなったりということでも
それはDVに当たるらしいので、
男性側が気づかないだけでDVを受けていると感じている女性は
結構多いのではないかと思います。
あーちゃん│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>千尋さん

>望まないセックスの強要まで含めれば

なるほど、それは頭になかったです。

ご教示ありがとうございますm(_ _)m。
しゅう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>takashiさん

>最近は、小さい市や町の方が、住民のニーズをダイレクトに受けるので対応せざるを得ないということもありますし、小さいからこそ動きやすいというメリットがあります。

そうなんでしょうね。少子高齢化が進む過疎地なんかも、子育て支援とかに力を入れるでしょうしね。

しかし、そうだとすると、やはり平成の市町村大合併で、住民サービスは低下していくのでしょうかね・・・。

しゅう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>城崎さん

私も「それ」でこの世に生を受けた輩ですわ。。。

・・・。
そ、そうなんですか?
それはなんとも・・・。コメントが難しいです・・・。
しゅう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>あーちゃんさん

>拒絶しただけで機嫌が悪くなったり、
口を利いてくれなくなったりということでも
それはDVに当たるらしいので、

あー、そこまで入るんですねえ・・・。「機嫌が悪くなる」ってのが「violence」なのかどうかは、ちょっと疑問ですが、良くないことには違いないので、この際細かい言葉の定義はいいですけどね。

じゃあ、ひょっとして、男性の17.4%もそれですかね?「どつかれる」とかはそんなにないやろうって思ってしまっていましたが、例えば、「家に帰って、妻から性交渉を誘われ、『今日は疲れてるから』と言って断ったら、口利いてくれなくなったり、罵られたり…」ってのが入ってるんですかね?

あ、あと「働きに見合った正当な小遣いを支給されない」とか、「食事が自分だけ他の家族よりショボイ」ってのとかもDVに含まれるんでしょうか・・・。

p.s.あーちゃんさんは、私の知ってる「あーちゃん」ですか?違ったらごめんなさい。
しゅう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
小遣いは、どういった事情で少なくなるかにもよりますし、
食事は、習慣を改める気のない糖尿病患者が同じこと言ってる場合もありますねぇ。

望まないセックスの強要に加え、
避妊に応じないなんてのもあります。

いるんだよね・・・
結婚してるのに避妊したくない!って男・・・。
千尋│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>あーちゃんさんは、私の知ってる「あーちゃん」ですか?違ったらごめんなさい。

こちらにコメントするのは初めてだと思います。
ロテ職人さんの所に以前コメントし、
最近もコメントしたものです。
直接の面識はないと思うのですが、
上記のような意味でお見かけしているのでしたら
そのとおりのあーちゃんです。
あーちゃん│URL│posted at 2006-04-21(Fri)│編集
>あーちゃんさん

>直接の面識はないと思うのですが、
そうでしたか・・・。人違いでしたね。ごめんなさい( -.-)

私の知り合いにあーちゃんという人がいて、彼女はDVとか結構詳しそうな感じの人なので・・・。
しゅう│URL│posted at 2006-05-02(Tue)│編集
私はDVとか結構詳しそうな感じの人ですが,
格闘技をたしなむ心理臨床家の知り合いは居ないのです...

今,風邪が流行っているんでしょうか.
私はGWを目の前にして体調を崩しました...
研究に体力は必須だなあと感じています.
あーちゃん│URL│posted at 2006-05-02(Tue)│編集
>あーちゃんさん

体調はどうですか?

なんか、いろんな人のブログ見てると、体調崩している人、多いですよね。

どうぞ、お大事に・・・。
しゅう│URL│posted at 2006-05-04(Thu)│編集
しゅう兄さん 久しぶりのコメントです。
城崎は、もう四十路なんですが。
母親から 
①〔「うっかり」出来た子である。〕
②〔あの行為が嫌だった。〕
と いつも聞いていました。
「だから、故に」
自分は 望まれた子じゃなかった、と思っていました。それが いわゆる心の傷には
全くなってなかったのですが、もう私も年だし、聞いてみようかな、と。
そうしたら、(①も②も本当だけども、)
だからといって、出来たから流そう・・・なんて頭にもなく、当たり前に産む方向に思った、という事を母は言いました。
それを話しているとこに 父親がやってきて、「困った~、なんて思わなかったさぁ」
と言いました。
母にとっては①も②も本当だけど、「城崎は望まれた命ではない」ということと全然違っていました。
すりかえていたのでした。私が、勝手に。
人工授精の普及の影響でしょうか?
たくさんの人達が 私のようなスリカエで
思い込んで、勝手に傷ついてるかもしれないですね~~。←・・・なんか私が傷付いてたような感じになっちゃいましたが。
 
それを聞いてから、自分の思い込みは
あんまり当てにならんなぁ、と思い 
対人も楽になった感じです。雑談からぼた餅~みたいな。
そういう事を提示してくれた この回のしゅう兄さんブログに 感謝ですわ☆
今年も 宜しくお願いします!!




城崎│URL│posted at 2007-01-05(Fri)│編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-││posted at 2007-01-05(Fri)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。