しゅう兄さんの臨床心理士的生活-国家資格になったら授業はどうなる?-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.04.16(日)

国家資格になったら授業はどうなる?

久しぶりに真面目なエントリーを書いてみます。

先日、全心協のホームページに医療心理師養成カリキュラム案が載っていました。いやいや、あれを完全に身につけて現場に出られてたなら、どんだけ楽だっただろうなあと思います。

えと、今日書きたい内容とはあまり関係ありませんが、あれだけの内容を学部の時に身につけるのは相当骨が折れるなあと思うのと同時に、ある程度の学力がないとまず無理だろうなあとも思いました。まあ、端的に言うと、乱立している心理学系大学のうち、かなり学力レベルが低くても入れる大学で、あれだけの内容を身につけれる学生がどれだけいるのか・・・と。

さて、現在の臨床心理士の養成課程でも、大学院だけだったと思いますが、指定大学院で受講しなければならない科目が決まっていたはずです。ただし、こちらの場合は先ほどの医療心理師のカリキュラムとは違い、科目数もごくわずかですし、同じ科目名でも先生によって教える内容が大幅に異なるので、指定大学院を出ているといっても、出た学校、ついた指導教官によって、かなり違った内容を学修してきたことになると思います。

で、本題ですが、国家資格になるとやっぱり、きっちりと同じ内容を学修しなければならないんですかね?言い方を変えると、教える側(大学側・教員側)は科目名のみならず、その科目の内容も指導要綱みたいなものに忠実に従わなければならないんですかね?その場合、たとえば使用する教科書(あるいは教科書に記載しなければならない内容)もある程度決められたりするんでしょうか?そのへん、コメディカルの養成校や医学部、薬学部などではどうなってるんですかね?(←誰か詳しい人いたら教えてください。)

大学教育のひとつの良さは、研究者や実務家が、自分の得意領域や大事に思う部分を自由に教えられることだと思うんですよね。もちろん、完全に自由にってわけにはいかないし、概論の授業であれば、ある程度概論的な内容にする必要はあるとは思いますが、それでも小中高に比べれば、格段に自由度は高いと思います。だから、使用するテキストに、自分の著書を指定するという人も多いと思います(ただの販売目的で指定するアフォ教員は別として)。

国家資格化は国がその質を担保するってことだから、まあ均一化していくことは仕方ないのかもしれません。ただ、ある程度は基本的なところを押さえておく必要があるとは思いますが(「大学で心理検査はバウムテストしか習っていません」とかなら困りますけど)、大学が高度な専門教育機関である所以は、そこが研究をするところであるのと同時に、教育者からではなく、研究者や実務家から彼らのエッセンスを吸収できるところにあるのではと思うので、自由さは残してほしいなあと思います。せっかく専門学校ではなく、大学での養成を目指すのであれば、ただ期間が長いというだけでなく、大学らしい教育の仕方ができるようにしてほしいなあと願います。

あ、もし大学が専門学校的にしかできないのであれば、せめて大学院では自由に研究や学修ができるようにしてほしいなと思います。専門職大学院なんて・・・(以下自粛)

このエントリのきっかけとなったある出来事で、多少がっかりしているしゅうに、励ましのクリックを・・・→
スポンサーサイト





│posted at 19:47:23│ コメント 4件
≫コメント 
だからあのカリキュラム案は「専門学校みたい」だと思うですよ。

ぶっちゃけて言えば大学の医学部って「医学専門学校」なのだと思います。良い意味でも悪い意味でも。

とにかく医学部では6年間で医師国家試験に必要な知識を叩き込むことが必要で、「A大学では教えている内容をB大学では教えない」なんてことは許されないですよね(よほどのDQN医学部ではどうかわかりませんが)。

本気で実務家の養成を目指すのであれば(従来の)「大学らしい教育」なんてのは不可能だと思います。

で、医師の場合はある一定の水準は保った、そしてある程度均質な研修医の養成制度がありますが、それがない心理職であのカリキュラムをこなすだけでは全く力は身につかないし、即戦力なんて夢のようなお話でしょう。

…という辺りを全心協の方々はどのように考えてんでしょうね。
ロテ職人│URL│posted at 2006-04-17(Mon)│編集
 うーん、豊富は豊富ですが…ってな感じですね。色々疑問がつきまといます。

 仮に成立した場合、しゅう兄さんがおっしゃるとおり、学ぶ側の学力レベルも大きく左右されるでしょうね。
 ある程度の科学的・論理的思考は今以上に必要とされるでしょうし、それなりの学力は必須でしょう・・・

 なんか、ちょっと現実的ではない気がしてなりませんね。そんだけの教員(数・レベル)も確保できんのか?とも思います。だって、SVの数ですら…(以下、略)
ひろぼう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>ロテ職人さん

>本気で実務家の養成を目指すのであれば(従来の)「大学らしい教育」なんてのは不可能だと思います。

大学だけで養成しようと思えばやはり不可能なんでしょうね。

ただ、なんて言うんでしょう・・・、あのカリキュラムにしてしまうと、真面目に学校に行って授業で習ったことを暗記さえすれば、国家試験に受かってしまうわけですよね?多分、自分が真面目に学校に行ってなかった人間だから思うのでしょうけど、「与えられた課題を真面目にやる」ことしかできない人ができる仕事ではないような気がするんですけどね。

実務家に必要な内容が用意されていても、それを自分で勉強しようと思うのと、上から与えるだけなのとでは、あとあと違ってくるような・・・。って考えは国家資格には馴染まないんでしょうね。

個人的には、何も与えられなかったことは、今となっては逆に良かったのかもと思っています。
しゅう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
>ひろぼうさん

>仮に成立した場合、しゅう兄さんがおっしゃるとおり、学ぶ側の学力レベルも大きく左右されるでしょうね。

残念ながら、4年間であれだけの内容を記憶して理解するには、そこそこの有名大学に受かる程度の学力が必要でしょうねえ。今ある臨床心理系の大学の半分以上では教えられる内容ではないと思いますよ(偏差値がすべてではないですが、基準がほかにないので仕方ない)。

まあ、国家資格試験の合格者数で調節するってのもありでしょうけどね。
しゅう│URL│posted at 2006-04-19(Wed)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。