しゅう兄さんの臨床心理士的生活-岩月謙司氏、実刑判決-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.03.23(木)

岩月謙司氏、実刑判決

香川大学教授の岩月謙司氏に懲役2年の実刑判決が言い渡されたそうです。

準強制わいせつ罪の香川大教授、懲役2年の実刑判決

2002年4月に心理療法と称して20代の女性にわいせつ行為をしたという容疑です。

しかし、たった2年ですか・・・。個人的には求刑が懲役3年だった点にも納得がいきません。犯罪としては極めて悪質に思うんですけどね。“わいせつ”の内容とかで年数が決まるのですか??まあ、私は法律の専門家ではないので、この求刑や判決の妥当性はわかりかねますけどね。

このブログ、最近ではカウンセリングを受けている人が結構見ておられるようなので、特に強調したいのですが、

ただでさえ、精神的にきつい状態ですから、心理の専門家と称する人にそれが“治療”だと言われれば、そうなのかもしれないと思うかもしれません。しかし、

セラピストがクライエントに性的行為を行うことは、仮にそれがクライエントから誘ったものだとしても、断じて許されるものではありません!そして、そのようなものに治療的意味合いなどまったくありません!!

スポンサーサイト





│posted at 22:55:37│ コメント 3件
≫コメント 
前にどっかの本を読んだんですけど、セラピストと性関係をもったクライエントは、たとえクライエントが誘ったにしても、後々に酷い罪悪感が生起し、近親姦や性被害を受けたのと同様な症状に悩まされるとありました。
セーイチ│URL│posted at 2006-03-24(Fri)│編集
>セーイチさん

逆に罪悪感もその他の症状も生じないようなら、それまでの“心理療法的行為”は心理療法とは言えないんでしょうね。

しゅう│URL│posted at 2006-03-24(Fri)│編集
ああ、そうなんですね。そうですよね。
心理療法それ自体が、親近姦に匹敵すこともあるわけですものね。むつかしいですね。
kumo│URL│posted at 2006-03-24(Fri)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。