しゅう兄さんの臨床心理士的生活-国家資格のお話-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.03.05(日)

国家資格のお話

先日、ある会に参加しまして、臨床心理職の国家資格化問題に関する、宮脇 稔 氏(全心協会長)のお話を聞くことができました。公開の会でしたので、ブログに掲載しても差し支えないかと思い、私の聞いた範囲のお話を書いておきたいと思います。

ただし、全部は書ききれないので、私が特に興味を持ったところのみとさせていただきたいと思います。

まず、臨床心理士会の会報などにも載っていましたが、『臨床心理士及び医療心理師法案』は廃案ではないとのことです。そして、現在も河村・鴨下両議員を中心に動いておられるとのことでした。

ただし、医療心理師国家資格制度推進協議会は現在活動が止まっている状態だそうです。今後活動を再開し、まず、医師がどういう条件ならOKというのかを考えようと思っているそうです。ちなみに方向としては現状の“2資格1法案”を修正していくという方向だそうです。

医師の側としては、臨床心理士の経過措置の中での、いわゆる「現任者」というのが、あいまいであることや、民間資格である「臨床心理士」という名称とかぶっていること、指定校はどうなるのかなど、未定の部分が多いまま法制化されようとしていることなどがひっかかっているとのことでした。

あとは、宮脇氏の個人的見解のように私は解釈しましたが、現在のままではどうにも医師のほうは納得しないので、韓国のように最初に医療限定資格を作って、そのあと医療以外を作ればよいということを仰っておられました。また、通るのであれば、臨床心理士資格1本でも構わないが、それでは通らないので、医療限定と言っているだけとの見解でした。

その他にもたくさんのお話がありましたが、録音していたわけでもないので、正確を期するためにも、メモがきちんと残っていた部分でとどめておきたいと思います。

あ、最後に1点、受験資格の話もありましたが、『医療心理師国家資格制度推進協議会』側としては、保助看法解除にして、高卒3年という形は避けてほしかったので、今回の法案が医療心理師の場合、4年制大学卒になっていることを評価しているとのことでした。

で、臨床心理士の学歴について宮脇氏は、別に大学院ということで構わないとは思うけど、大学4年で、あと2年間研修していくのも、2年間院に行って勉強するのも一緒のことだし、院より実地研修のほうが学べることは多いとも仰っておられました。そして、この部分がちょっと気になりましたが、「心理学は医学ほど広くない。だから4年で十分」ということも合わせて仰られていました。

ふ~ん・・・。

とりあえずは報告まで・・・。
参考になった人もならなかった人も・・・→
スポンサーサイト





│posted at 23:59:28│ コメント 9件
≫コメント 
> 「心理学は医学ほど広くない。だから4年で十分」

あぁ…やっぱりそういう認識なのね…

と、予想はしていましたがガッカリでございますよ。
ロテ職人│URL│posted at 2006-03-06(Mon)│編集
…と書いた後に

「ひょっとしてこれは(医学界に対する牽制の意味を含んだ)高度に政治的発言かも」

とか一瞬思ったんですが、たぶんそんなことはないでしょうね。

はぁ(ためいき)。
ロテ職人│URL│posted at 2006-03-06(Mon)│編集
>高度に政治的発言かも」とか一瞬思ったんですが、たぶんそんなことはないでしょうね。

いや、考えていないのもあるかも知れませんが、そう言わざるを得ないというのもあると思いますよ。

・・・と、初めまして。しゅうさん。ロテ職人さんの返答という形ですが、書き込みさせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。
まったりねこ│URL│posted at 2006-03-06(Mon)│編集
>ロテ職人さん

ガッカリもしましたが、
なぜそう思えるんだろうと一生懸命考えてしまいました・・・。

「心理学=臨床心理学+周辺領域=精神医学+α」
とでも考えてみれば、そうなるんですかね?

公式見解とかではないので、「高度に政治的発言」というのはありえないかと。
しゅう│URL│posted at 2006-03-07(Tue)│編集
>まったりねこさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
(多分、ロテ職人さんとこではよくお見かけしてましたけど)

>そう言わざるを得ないというのもあると思いますよ。

かなり、“楽”な場だったし、ぶっちゃけた話し方をされていたようにも思いましたので、本音のように思えましたです・・・。

まあ、真意をうかがい知ることはできませんけど。

今後ともどうぞよろしくです。


しゅう│URL│posted at 2006-03-07(Tue)│編集
> なぜそう思えるんだろうと一生懸命考えてしまいました・・・。
> 「心理学=臨床心理学+周辺領域=精神医学+α」
> とでも考えてみれば、そうなるんですかね?

笑ってしまいました…。

あるいは、もっと単純に、
「臨床心理学<精神医学」
もしくは
「臨床心理学⊂精神医学」
(※⊂は、含まれるという意味の記号)
と考えているのではと想定すれば、
「心理学は医学ほど広くない。」発言が出るのも
分からんではありません。

納得はしませんけどね…。
デスマ│URL│posted at 2006-03-07(Tue)│編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-││posted at 2006-03-07(Tue)│編集
>デスマさん

医学と心理学という図式でしたので、さすがに精神医学と心理学を比べれば心理学のほうが広いと思っておられると思いますけどね。

しゅう│URL│posted at 2006-03-07(Tue)│編集
>管理人のみ閲覧コメントをくださった方

コメントありがとうございます。

なるほど・・・。よくわかりました。
しゅう│URL│posted at 2006-03-07(Tue)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。