しゅう兄さんの臨床心理士的生活-私の専門は・・・その10-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.03.03(金)

私の専門は・・・その10

どうもこんばんは。しゅうです。明日は土曜ですが仕事です。病院ではないですけど、ちょいと遠方まで行きます。なので、金曜の晩といってもまだ気が抜けません・・・。ホント休みが少ないです・・・。忙しいのはいいことではあるんですけどね。

さて、今日は昨日の予告どおり、「私の専門は・・・その10」です。時期としては大学4年生の頃になるでしょうか。

道場の門をたたいたしゅう青年。見渡すと、道場生は5,6人。まだ練習が始まる前という時間帯のようで、これから道場生が来る様子でした。


しゅう青年の姿に気づいたのは、黒帯の8・2分けのオッサン。年齢は40歳前後といったところでしょうか?

8・2分け「見学?」

いきなり話しかけてきました。

しゅう青年「はい。」

8・2分け「近所の子?」

しゅう青年「(カチン!「子」!?)いえ、○○から来たんですけど、前にこの道場を見かけて、それで一度練習を拝見したいなと思いまして・・・。」

8・2分け「あーそう!それはそれは遠いところからようこそ。」

と、大げさに驚いてみせ、その後道場の説明やらなんやらをし始めました。どうやらこのオッサンがここの道場の主のようでした。近くで見ると、サラリーマン風の顔立ちに似つかわしくない、意外にごつい体をしています。


8・2分け「えーと、しゅう君は、何かやってた事あるの?結構いい体してるけど?」

しゅう青年、「子」と言われてから、Tシャツの袖をまくったりして、さり気に(?)アピってました。(←このへんが小物な感じ)

しゅう青年「ええ、いちおう。合気道を何年か、あと、柔道やテコンドーもちょっとだけかじってました。」

8・2分け「ああそう。そしたら、もし良かったらちょっと練習入ってみる?」

しゅう青年「(よし来た!と思いつつ・・・)いいんですか?急に来て?」

8・2分け「どうぞどうぞ。道着もあるので。」

しゅう青年「いえ、今日は持ってきてますので、それを着てもよければ。」

8・2分け「おー、準備いいねえ。あれ?それは太刀(木刀)かな?」

しゅう青年「ええまあ。いちおう念のためと思いまして・・・(←て、どんな“念”だ?)」

そして、稽古に参加しました。道場生は少し増えていたものの、10人ほど。あんまり流行っていないのかなあという感じでした。


稽古はいまいちよくわからない感じでしたが、空手のように“突き” や“蹴り”を並んでやるところから始まり、柔道のように受身や投げ込みをやったり、護身術のような稽古をやったりというのが続き、最後にようやく乱取りが始まりました。

空手のスーパーセーフみたいな顔の部分に強化プラスティックのついた防具に、オープンフィンガーグローブといういでたち。二人一組になって、主に打撃技中心で、時々組み付いて首相撲のような形から倒して、寝技の攻防になるような形。まあ、いわゆる“何でもあり”ですが、技が妙にぎこちない・・・。10分くらい見て、ちょっと飽きはじめた頃、8・2分けが寄ってきました。

8・2分け「どう?迫力あるでしょ?合気道なんかではこんなんやらないからなあ。おもしろそうでしょ?」

しゅう青年「・・・ええ。そうですね。」

ちょっとあからさまにムッとしてしまったかもしれません。てか、“合気道なんかでは”って・・・。そのムッとした様子を見ていたかどうかはわかりませんが、

8・2分け「なんだったら、ちょっとやってみる?まあ、良かったらだけど?」

とニヤッとしながらしゅう青年に提案しました。

しゅう青年「いいんですか?そしたら是非お願いしたいです!」

と答えると、ちょっと意外な表情を浮かべました。ビビって遠慮すると思ってたのでしょうか。


手短にルールの説明を受け、防具を身につけました。防具をつけると緊張感がグッと高まってきます。少し飛び跳ねてみますが、この日は結構体が軽い感じです。

8・2分けがしゅう青年の相手を探します。

8・2分け「おーい、みんなちょっと練習やめて!誰かちょっと彼と乱取りやったって!」

しゅう青年(心の声)「はいっ!?公募かよ?」

と思っていると、さっと手を上げたのが2人。1人は黒帯の青年。歳はおそらく25くらい。体格はしゅう青年より身長が+5cm、体重がほぼ同じといったところでしょうか。

そしてもう1人が白帯の少年(?)。まだ高校3年生くらいでしょうか?身長は結構ありそうな感じ。しゅう青年よりも10cm弱ほどは高い感じです。しかし体つきは細く体重はしゅう青年よりも8kgほどは軽そうな感じでした。


ここは黒帯が出てくるだろうと思い、そちらを凝視していると、

8・2分け「よし!そしたら○○!それ以外は後ろに下がって!」

との声で残ったのが、白帯君。まあ、それはそうです。この日しゅう青年は白帯で練習していました(他流派ですから)。そして格闘技経験は聞かれてないので、詳しく伝えてはいません。

再度ルールの説明を受けます。

8・2分け「無理そうだと思ったら、すぐに降参して・・・。こうやって手をパンパンと叩けばいいから。あっ、それくらい知ってるか?」

なんかこの8・2分け、いちいち勘に触ります。


試合時間は4分間。決着は、関節・絞め技で降参させるか、あるいはダウンをとるか、または打撃のクリーンヒットで技ありになるので、それを2本とるか、だいたいそんなところでした。

試合場は柔道畳でしたので、広さもそれと同じようでした。

というか、いつの間にか、「ただちょっと乱取りをやってみる」はずが、道場生見守る中での試合になってしまっていました。対峙すると、この少年なかなか“いい目つき”をしています。まあまあヤンチャなkとおはすぐわかりました。そりゃあ、誰だかよくわからない一日体験練習生の乱取りの相手を進んでやろうってくらいですしね。

と同時に、やはり来ました・・・。恐怖心・・・。そう、白帯の少年相手なのにです。

しゅう青年(心の声)「大丈夫。平常心、平常心・・・」

と唱えながら、相手に悟られないように浅く深呼吸をしました。そして、息を吐き終わるか終わらないかのうちに、

「始めっ!!」

と声がしました!


次回はいよいよ“ヘタレ”しゅう青年の試合です。
結果が気になる人もならない人も→
スポンサーサイト





│posted at 23:17:25│ コメント 8件
≫コメント 
こんばんはv-206しょうです!

しゅう青年の心の声がいいですね~

「大丈夫、平常心、平常心」私まで深呼吸してしまいました。

多忙ではありますがお体に木v-255をつけて頑張って下さい!いえ、気をつけてでしたね!すみま千円!
しょう│URL│posted at 2006-03-04(Sat)│編集
>しょうさん

いつもご訪問くださり、ありがとうございます。

桑田(巨人)みたいに、他人からわかるよーにブツブツ言ってないだけ、まだいいかなあと思いつつ・・・。
しゅう│URL│posted at 2006-03-04(Sat)│編集
続き・・・・明日ですよね? ブルブルワナワナ
【家族心理.com】管理人│URL│posted at 2006-03-04(Sat)│編集
>【家族心理.com】管理人さん

い、いや、明日はちょっと遠出の用事もあって、飲み会もあって、その、あの・・・

あ、あさってかもです・・・。

p.s.総アクセス数の件、当該エントリのコメント欄に書きましたので、ご参照ください。
しゅう│URL│posted at 2006-03-04(Sat)│編集
しゅうさんのかわいい一面が盛りだくさんのやり取りですね!めちゃめちゃ負けず嫌いなところが・・・かなりハマッちゃいました♪
試合の結果、楽しみにしています☆
桃│URL│posted at 2006-03-04(Sat)│編集
いよいよ、次は試合のお話ですね!!

負けず嫌いなところのエピソードが
なぜか、笑えてしまいます☆

木刀と杖が活用されなかったのが
ちょっとザンネン(笑)
なじま│URL│posted at 2006-03-05(Sun)│編集
>桃さん

結果は・・・。書きますけど・・・。

そこは重要ではないので、と言ってみたり・・・。
しゅう│URL│posted at 2006-03-06(Mon)│編集
>なじまさん

>木刀と杖が活用されなかったのが
>ちょっとザンネン(笑)

いつも、謙虚な気持ちで稽古に参加していますのでw
しゅう│URL│posted at 2006-03-06(Mon)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。