しゅう兄さんの臨床心理士的生活-男性の男性による男性のための・・・(「男性の」はいらんか・・・)-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.02.27(月)

男性の男性による男性のための・・・(「男性の」はいらんか・・・)

今日のニュースから↓

男性の悩み 聞きます 千葉市が新年度から専用の相談窓口開設(東京新聞)

こういうのが、そのうちできるだろうなあと思ってました。女性による女性のためのカウンセリングってのは、「フェミニストカウンセリング」なんて銘打って大々的にやってるのに、“男性による男性のための…”ってのはなかったですからねえ…(もっとも、“女性による女性のための”と“男性のによる男性のための”では意味が異なるでしょうけどね。)。

まあ、男性はどちらかと言うと、女性に比べて「心理」と距離を置きがちだから(あくまでも私の印象ですよ)、カウンセリングそのものが日本の男性社会の中では市民権を得にくいのかなあというのはありますが、それでも、EDのコマーシャルが大々的に流されたり、男性芸能人でカウンセリングや精神科治療を受けた経験を話す人も出てきたりという中で、ぼちぼちこういう相談機関も出てくるだろうなあとは思ってました。

それにしても、

四月から週一回、夕方の二時間程度開設する計画。市は現在、相談に応じる臨床心理士の人選を進めている。



って書いてましたけど、「週一回夕方」に時間を空けられる男性の臨床心理士ってそうそういないような気もするんですけどねえ…。男性心理士の絶対数が少ないし、これも私の印象でしかないですけど、どちらかと言うと、男性の方が上下関係へのこだわりが強いように思うので、SCみたいに「臨床心理士成り立てホヤホヤ」の若造では務まりにくい気もしますし…。まあ、そういう私も若造で、男性クライエントもいるわけですから、絶対ダメとは思いませんがね。

そういえば、「日本フェミニストカウンセリング学会」ってのはありますが、これの男性版なんてのもそのうちできんのかなあ?フェミニスト自体「女性解放論者」「女権拡張論者」って意味があるんだから、単純に男性版ってわけにはいかないでしょうけど。学会の分科会レベルではありかも(どっかで既にやってたような気も…)。

いつもありがとうございます→
スポンサーサイト





│posted at 21:05:30│ コメント 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。