しゅう兄さんの臨床心理士的生活-私の専門は・・・その9-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.02.06(月)

私の専門は・・・その9

しばらく間があきましたので、気になる方は前のエントリーをご参照ください。繰り返しますが、「臨床心理学のお話」ではありませんので、ご了承くださいまし・・・。



 
トレーニングを始めたしゅう青年。身体を鍛えてどうにかなる問題ではないことはよくわかっていましたが、訳があってのトレーニングでした。

合気道は前にも言ったように、試合をしません。それには先人達のうんぬんかんぬん(きちんとした合気道サイトをご参照ください)があるのですが、だいたいどの分野においても同じことで、“極めた人は宗教家になる!”どうですか(笑)?皆さんのそれぞれの分野でも心当たりはありませんか?

しかし、若い頃には結構むちゃやってきて、そこから得るものもあって、それが熟成されて、年老いて「試合はしない」などと言っている人達と、最初から試合のないところでやってる人間とでは、得られるものは違うと思うんですよね。今は、そう単純な話でもないというのはわかりますが、当時のしゅう青年はとにかく、実戦(せめて試合)を重ねないことには武道家としての精神的成長はありえないと思っていました。

そう考えたしゅう青年は試合に出るべく、トレーニングを始めたのでした。試合用にはできていなかった細い体に、筋肉と適度な脂肪をつけるために、朝から夕方まで公園やジムで鍛え、夕方からは部活にも顔を出し、さらに1日4~5食、一日4,5000kcalの食事をし、みるみる身体は大きくなっていきました(ていうか、授業はどうした!?というツッコミはさておき)。

そして、4年生の夏になる頃、部を引退した後、大学院受験の勉強の合間をぬって、ある総合格闘技(総合武道?)の道場に行きます。そこは、マイナーな個人経営(?)の道場で、いわば町の柔道場みたいな感じのところでしたが、以前、たまたま通りがかってみつけたところでした。

看板には「空手、柔道、合気道などを取り入れた実戦武道」みたいなことが書いてありました。道着と木刀(なぜに?)を背負って道場に乗り込みました。

人気ブログランキングはこちらから!
↑なんか下のほうになってた(/_;)

スポンサーサイト





│posted at 23:57:34│ コメント 3件
≫コメント 
しゅうさんは「天然」なんでしょうか?www
takashi│URL│posted at 2006-02-07(Tue)│編集
>takashiさん

>しゅうさんは「天然」なんでしょうか?www

「天然」な人は、たいてい自分のことを「天然」とは思わないようで・・・。www
しゅう│URL│posted at 2006-02-07(Tue)│編集
異種格闘技に出場された、とどこかで拝見
した記憶があるのですが、ここから、いよいよ
実戦につながるんですね!楽しみです☆

しっかし、今までの流れで、木刀は一度も
登場しなかった気が・・・
そもそも、どうしてお持ちだったんでしょう??

-│URL│posted at 2006-02-10(Fri)│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。