しゅう兄さんの臨床心理士的生活-2006年07月11日-

FC2ブログ
2006.07.11(火)

適切な診療録:精神科・心理療法編【本の紹介】

タイトルに「診療録」ってありますけど、もとはアメリカの心理士が書いた本です。翻訳したのは、関西医科大学の精神科医さん達ですけどね。

4791105761適切な診療録:精神科・心理療法編―精神科臨床に携わる人が知っておくべきこと
Mary E. Moline Kenneth M. Austin George T. Williams

星和書店 2005-07

by G-Tools


アメリカは心理士資格が国家資格になっているので、記録を残すことが法的に義務付けられているというのもありますが、訴訟社会なだけあって、何をどのように残すことで、法的にどのような意味を持ってくるかということに自覚的にならざるを得ないようですね。

続きを読む≫
スポンサーサイト



│posted at 23:57:43│ コメント 5件
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List