しゅう兄さんの臨床心理士的生活-2006年06月-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.06.30(金)

精神対話士って要するに何?

前からずっと気になってたんですが、みなさんは「精神対話士」という資格をご存知でしょうか?

メンタルケア協会というところの資格らしいのですが、この協会は、

メンタルケアの担い手を養成、実践する目的のメンタルケア協会は、平成5年(1993年)9月、 慶應義塾大学医学部出身の医師たちを中心として設立された。



ってことで、以前はたしか小此木啓吾先生が会長を務められていたように記憶しています(違ってたらご指摘ください)。

続きを読む≫
スポンサーサイト
│posted at 23:59:09│ コメント 35件
2006.06.29(木)

ちょっと高いけど・・・

スクールカウンセラーってのは、約10年前に始まった、学校の心理カウンセラーなんですけどね、この時給ってのがだいたい5,000円~5,500円なんですよね。

大学院を出て何年も経たない臨床心理士にこの額を払うのは、仕事の能力を勘案するとはっきり言って高すぎると思いますが、スクールカウンセラーとして求められる仕事が“きちんと”できる人への対価としては、こんなもんじゃないかなと思うんですよ。というのは、年間を通して仕事があるわけではないですし、非常勤職員という不安定な立場を考えれば、まあ妥当かなと。

県内スクールカウンセラー 報酬単価が全国最高(日本海新聞 2006/6/29)

ってニュースが出てましたが、

続きを読む≫
│posted at 21:25:15│ コメント 7件
2006.06.28(水)

日々のつれづれ20060628

もともと、私はブログタイトルの下に、“孤高の心理臨床家(でありたい)”なんて書いてるくらいで、群れるのが嫌いです。

それはある意味協調性のなさをも意味するのですが(子どもの頃からずっと通信簿に書かれていました・・・)、そんな私も今のような大きな職場で働くとですね、なけなしの協調性を発揮しなければならない場面が多くてですね、結構なストレスだったりするのですよね・・・。

続きを読む≫
│posted at 23:58:54│ コメント 4件
2006.06.27(火)

コーヒーを飲むと従順に?本当?

この前、medical tribuneに載ってた記事。

〔ニューヨーク〕 クイーンズランド大学(オーストラリア・Herston)心理学のPearl Martin博士らは,適度の量のカフェインを摂取すると,説得力のある主張に耳を傾けて賛成する傾向があるとEuropean Journal of Social Psychology(オンライン版)に発表した。
 この試験では,被験者にカフェイン飲料(コーヒー 2 杯分に相当)を飲ませた後,患者の意思による安楽死に関して被験者の考えとは反対の説得力のある主張を読ませた。その後,あらためて被験者の意見を尋ねたところ,被験者はカフェインにより,自分の考えとは反対の主張に賛成する傾向がプラセボ群(カフェインなし)より高くなっていた。
 同博士は「これらの結果は応用範囲が広いと言える。コーヒー,紅茶,コーラ,ドリンク剤などのカフェインを含む食品は,ビジネスの会議における議論の合意結果に影響をもたらすことを考慮すべきである」と述べている。



Abstractの原文は、European Journal of Social Psychologyに載ってます。

続きを読む≫
│posted at 23:17:22│ コメント 4件
2006.06.26(月)

国際サイコセラピー会議

案内が届いた人も多いと思いますが、2006.8.28~2006.9.1にかけて「2006年国際サイコセラピー会議イン・ジャパンおよび第3回アジア国際サイコセラピー会議」が開かれます。

あー、行きたいなあ・・・って思うんですが、

参加費が高い!

一般事前登録30000円て・・・。当日登録で40000円て・・・。

しかも日程は月~金・・・。なんか参加費といい、日程といい、医師向けなんでしょうかね?

続きを読む≫
│posted at 22:49:31│ コメント 5件
2006.06.25(日)

聴覚障害と心理臨床

先日、ちょっと聴覚障害について調べていたのですが、聴覚障害に関する心理学の文献って他の障害に比べるとびっくりするくらい少ないんですよね。まして、臨床心理学となると、ほとんどない・・・。

でも、聴覚障害者の数って国の発表では35万人くらいいるんですよね。軽度の難聴者を含めると5,600万人もいるんだとか・・・。それだけいれば、臨床心理学的な援助の対象となる人も相当数いると思うんですけど、いかんせん、音声言語が主要な武器の心理療法ではどうにもならないんですよね。

うちにもたまに手話を第一言語としている聴覚障害者の方が入院してこられますが、やっぱり手話じゃないと細かなやりとりまではできないんですよね。事務的なやりとりなら筆談でも問題ないですが、感情とかはうまく伝わらない。

続きを読む≫
│posted at 11:33:54│ コメント 2件
2006.06.23(金)

常勤SC

4月から続いていた多忙なスケジュールも今日でようやく一段落しそうです・・・。

あんまり詳細は言えないんですけど、特に今月はいろんな意味でターニングポイントになりそうな、充実した1ヶ月でした。いやあ、ホントよく働き、そしてよく勉強しましたよ。怠け者の私は必要に迫られないとなかなか勉強しないのでちょうど良かったですけどね。

さて、昨日のニュースから

中学校のカウンセラー、確保難しく(岩手)(読売新聞)


続きを読む≫
│posted at 23:58:40│ コメント 0件
2006.06.22(木)

睡眠不足で3兆円も・・・

慢性的な睡眠不足のしゅうです。

もともとどうも眠りが浅い上に、ここのところ忙しいのもあって、寝床にいる時間そのものも短くなっております。ここ3日間でだいたい9時間ほど?

しかしですね、個人的にはどうも「そこそこ睡眠不足」のほうが、性に合ってる気がするんですよね。なんか、“頑張ってる感”があるからかな??

でも、やっぱり寝不足が続くと、書き物してる時なんかに微妙に居眠りしそうになってたりもするので、やっぱりもうちょっと寝たほうがいいんでしょうね・・・。

不眠による経済損失は年間約3兆5000億円(エキサイトニュース)
続きを読む≫
│posted at 23:58:25│ コメント 0件
2006.06.21(水)

テンパってます・・・。

2006年度中で、今月が忙しさのピークになるでしょうね。そして、その忙しさも今週が山です。

何が忙しいって、あっちこっちで喋らないといけなくてですね・・・。しかも、そんなに詳しくない領域が多いんですよね・・・。さらに、そもそも「その領域に関わってる臨床心理士がほとんどいない」くらいのマイナー領域について喋らなければいけないもんだから、文献調べるのも一苦労・・・。

断ればいいのかもしれないですけど、いろーんなしがらみで断れないんですよね・・・。まあ、勉強になっていいと言えばいいんですけどね。



続きを読む≫
│posted at 23:25:44│ コメント 0件
2006.06.20(火)

精神病院から精神科病院へ

もうとっくに変わっていたものとばかり思っていましたが、今国会で決まったところだったんですね。

「精神科病院」に変更 16日用語整理法成立(共同通信)

法律で使われる「精神病院」の用語を「精神科病院」に改めるなどとする議員立法「精神病院の用語整理法」が16日、衆院本会議で可決、成立する。これにより、精神保健福祉法、覚せい剤取締法、障害者自立支援法などで使われる法律用語は精神科病院となる。施行は公布の半年後。
 精神病院という名称は、治療施設ではなく収容施設のイメージが強く患者の自発的な受診を妨げており、実際にも病院や関係団体が神経科病院を使用しているなどとして、自民党の西島英利参院議員を中心に立法作業を進めた。



名称を変えるのは良いと思いますが、それが「患者の自発的な受診」を促進するのかどうかはいささか疑問ですがね。むしろ用語としては正しくないですが、すっかり定着した、「精神科」のかわりに「心療内科」を標榜することのほうが、自発的な受診の促進や、紹介しやすさには役立っていると思います。

続きを読む≫
│posted at 22:58:35│ コメント 0件
2006.06.19(月)

相方のペット

さてさて、昨日は救急病院に行く羽目になった相方ですが、出血もすっかり止まり、あとは肉が盛り上がるのを待つのみというところです。

相方ついでですが、先日家へ帰る前に相方に電話すると、突然、

「ペット連れて帰ってきた!」

って言うではないですか。唐突に何を言い出すのかと思えば、彼女のペットはこいつでした・・・。

続きを読む≫
│posted at 23:57:01│ コメント 5件
2006.06.18(日)

相方救急搬送

といっても、

「左手第4指切創」

つまり指切っただけですけどね・・・。

料理中に包丁で切ったようなんですけど、指がちょっとえぐれていてですね、まな板の上には指の破片(?)が・・・。心臓より高く上げて圧迫止血するものの、小1時間経っても出血がちっとも止まらなくてですね、やむを得ず、近くの救急病院へ。

続きを読む≫
│posted at 21:23:33│ コメント 4件
2006.06.16(金)

大学院は裕福な人が行くところ?

新薬発売が遅いのコメント欄に、きのこさんという方がコメントというか、質問をして下さってますが、その中からこの部分だけちょっと。

臨床心理士の資格は指定の大学院を修了して試験を受けないと取得できないんですよね。
私の家はそんなに裕福ではないので、大学院まで行けるかわかりません。
大学で取得できる認定心理士や、認定心理カウンセラーの資格だけで精神科やスクールカウンセラーとして働くことはできないのでしょうか?



このくだりって、結構あっちこっちのブログやサイトで見かける気がします(臨床心理士になりたい人のためのサイトなど)。

心理臨床の仕事をしたいのなら、研究能力は必須だからとか、お金で買うだけの認定心理士では何にもできないからとか、そんな話はあちこちで言われているのでもう言いませんが、

裕福ではないので、大学院まで行けるかわかりません。



という部分。これ、私が教えている学生さん達の中でも、言っている人を見かけますが、そもそも大学院は裕福じゃないと行けないのでしょうか?

続きを読む≫
│posted at 23:58:46│ コメント 27件
2006.06.15(木)

やたがらす

数日前から、サッカーのニュースを見るたびに、

「なんか忘れてるんだよなあ・・・。」

と思っていたのですが、さっき思い出しました!

冷蔵庫の中にこれがあったんでした。
やたがらす 初搾り汲みたて 特別純米酒 720ml

続きを読む≫
│posted at 23:50:56│ コメント 1件
2006.06.14(水)

新薬発売が遅い

昨日の記事にも関係しますが、

売り上げ世界100位内の医薬品、日本で3割が未承認(読売新聞)

2004年の売上高で100位までの薬のうち、成分などが重複しない88製品を選び、承認状況を欧米やアジアなど66の国・地域で比較した。
 その結果、未承認の薬が米国0、英国1、スイス3などと先進国では大半が承認済みなのに、日本は未承認薬が28製品(32%)もあり、全体で7番目に多かった。



承認が早ければいいってわけでもないでしょうけど、米英とそんなに差があるんですね。効く薬があるってのがわかってて、でも使えないってのは、どんな気持ちがするかってのも考えてもらえればなあと思います。

続きを読む≫
│posted at 23:16:59│ コメント 9件
2006.06.13(火)

アルツハイマー病の治療薬

アリセプト(塩酸ドネペジル)に変わる新たな認知症治療薬が開発されているそうです。

アルツハイマーの新治療法 マウス実験で効果確認

続きを読む≫
│posted at 22:56:34│ コメント 4件
2006.06.12(月)

ああ・・・日本。

負けましたね・・・。

選手の名前を全員知っているわけでもないので、“にわかサッカーファン”ですが、それでもやはりへこみます・・・。

続きを読む≫
│posted at 23:58:32│ コメント 1件
2006.06.11(日)

医療で必要な臨床心理士の知識

精神科に非常勤で勤めていた頃にはあまり感じなかったことですが、総合病院に勤めはじめてから感じたのは、いかに自分が「医療」や「医学」というものを知らないかということ。

私は多少の職務経験を経てから、今の職場に入ったのですが、看護師やリハビリの人達なんかの新卒1年目と比べても、はるかに知識が少なかったので、それなりに苦労したのを覚えています。

何が苦労したかというと、まずカルテが読めない・・・。ただでさえ字が汚くて読みにくいのに(笑)、何が書いてありそうなのかの見当もつかないもんだから、よくいろんな人に聞いていました。で、聞いて教えてもらった言葉がまた全然わからないので、とりあえずその場では、わかったようなフリをして、あとでこっそり医学辞典で調べたりしていたもんです。あんまりにもわかってないことが露呈してしまうと、心理士の本業の能力まで疑われてしまいますからね。

さて、何でこんな話を急にしたかと言うと、先日、某大学心理学科の2年生のmioさんからこんなメールをいただいたからです。

続きを読む≫
│posted at 23:57:09│ コメント 10件
2006.06.10(土)

残業の単価高くなるらしい

やれやれやっと一週間終わりました・・・。

今週も残業多かったです。家帰っても大学の授業の準備やらでなかなか休めないです・・・。正規の勤務時間の倍近く働いている気がするのですが、気のせいでしょうか・・・。

残業と言えば、こんな話が出てるそうです。

残業の抑制に「割増賃金」最低基準を引き上げへ(読売新聞)

続きを読む≫
│posted at 23:59:56│ コメント 1件
2006.06.09(金)

心理カウンセラーの開業【本編】

さて、昨日の予告どおり、開業について思うところをたらたらと書いてみたいのですが、なんだかこの議論も収束しつつあるので、蒸し返すようでいささか恐縮ではあります。まあ、私が自分の意見を勝手に書くだけなので、別に議論しようとかいうことではないということを先にお断りしておきます。

昨日のエントリーでも書きましたが、元ネタはLIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!さいころじすと日記ロテ職人の臨床心理学的Blogをご参照ください。

あ、それとわからない人もいらっしゃると思うので、先に書いておきますが、開業って言うのは、たとえば、「○○心理相談室」みたいな、心理カウンセラーが個人で経営しているものを指しています。他にも、そういうオフィスをもたずに訪問カウンセリングをやってたり、企業からの請け負いで仕事をしてたりというのも開業には含まれます。ようは組織に所属せずにやってるものを指しています。(←私的定義ですので、正式には違うかもしれませんが。)

ではでは、いってみますね。

続きを読む≫
│posted at 23:59:01│ コメント 9件
2006.06.08(木)

心理カウンセラーの開業【予告編】

えと、表題の内容でエントリーを書こうと思っているのですが、多忙につき、本編は明日書きたいと思います。

このエントリーは、元はといえば、
臨床心理士雑感(LIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!)
[心理学小話][時事問題]開業臨床心理士 雑感2(さいころじすと日記)
【なんか】こんな状況じゃ開業もアリ…だけど4【誤解されてる?】(ロテ職人の臨床心理学的Blog)
といったところで議論されているものを受けてのエントリーになりますので、興味のある方はそちらもご覧下さい。

続きを読む≫
│posted at 23:19:58│ コメント 0件
2006.06.06(火)

みなし国家資格

今さらながら『携帯版イースⅥ』にはまっているしゅうです。こんばんは。RPGをやりだすと、それがどんなク○ゲーであっても、止まりません・・・。睡眠時間削って早解きするタイプです。

さて、話はまったく変わりますが、国家資格どうなっちゃったんでしょうねえ・・・。「水面下での交渉」とやらが続いているとは聞きますが、そうこうしてるうちに国会も終わってしまいそうですが・・・。

さっき、見たニュースにこんなのがありました。
ハローワークに臨床心理士を配置へ

最近、ちょくちょくハローワークへの配置の話は聞きますが、

続きを読む≫
│posted at 23:59:48│ コメント 3件
2006.06.05(月)

WAIS-Ⅲ発売遅延【情報提供】

うちの病院と取引している医療関係の卸問屋から、こんな連絡が届きました。

「WAIS-Ⅲ一式(用具・検査法・記録用紙)」関しまして、版元より発売遅延の連絡がございましたので、お知らせ致します。現時点では7月上旬の発売予定となっております。



だそうです。前は検査法だけが遅れると聞いたのですが…。「現時点では」ということだし、どんどん遅れていきそうな気配もしなくはないですが、まあ、別に今何か困ってるわけではないので、いいんですけどね。

続きを読む≫
│posted at 12:59:16│ コメント 5件
2006.06.04(日)

日々のつれづれ20060604

今日は某会でちょっと話をする機会がありました。最近、いろんな会で話をしますが、うまく話せるときと、ぐだぐだなときと両極端なんですよね・・・。総じて、対専門家だとぐだぐだになりやすい・・・。不勉強の証ですね。

そのあとは、若手数名で飲み会。もちろん私は若手ですよ?(ほんと実際疑う余地もないくらいの若手ですから。でも、メールでは「結構年くってるだろ!?」と疑いのメールをいただいたりもします(^^;))今日はビールだけにしときました。生中6杯くらい?トイレが近くて近くて・・・。

その飲み会で音楽の話なんかをしてたんですが、今帰ってきて、ネット見たらちょうど載ってたので気になったのがこれ。

川本真琴が5年ぶりCD発表

続きを読む≫
│posted at 23:03:38│ コメント 6件
2006.06.03(土)

日々のつれづれ20060603

今週末は仕事でございます。

いや「今週末も」ですね。そんなこんなで読みたい本もなかなか読む時間がありません。てわけで、読みたい本を忘れないように書いておこう・・・。あ、読んだことがあって、「それおもろないよっ!」っていうのがあれば、お知らせいただければありがたいです。

まずはこれ。

戦闘美少女の精神分析戦闘美少女の精神分析
斎藤 環

筑摩書房 2006-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あ、精神分析って言っても仕事の本じゃないっすよ。(えっ、見たらわかるって?)
たまたま見かけて、何となく気になったので。

続きを読む≫
│posted at 23:59:23│ コメント 2件
2006.06.01(木)

ちかちゃん

4月に入ってからの通勤の楽しみの一つ。

私はいつも同じ時間帯の電車の、同じ車両に乗って、通勤しているのですが、職場の最寄り駅について、いつものドアから降りる時に見かける女の子、つまりその駅から電車に乗り込む女の子が、


かわいいんですよ(*´∀`*)

多分20歳前後くらいと思われるのですが、肩から下10cmくらいまでの黒髪のストレートヘアで、だいたい膝上丈くらいのスカートを着てる子なんですけど、衣装もいっつも


かわいいんですよ(*´∀`*)


まあね、実際どんだけかわいいねんって言ったら、そこまでめちゃめちゃかわいいってことはないと思うんですけど、なんと言うか、あれですよ。めざましテレビとかニュースステーション(←久米さんときのね)のお天気お姉さんみたいなもんですよ。ちかちゃんみたいなもんです。

ちょっとだけしか見られないから、いいんです。

そんな女の子とすれ違うのをひそかな楽しみにしていた私なのですが(※ストーキングをしているわけではありません)、この前こんなことがありました。

続きを読む≫
│posted at 23:51:46│ コメント 7件
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。