しゅう兄さんの臨床心理士的生活-教育と心理-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2006.12.01(金)

中国のスクールカウンセラー

他の学問でもそうかもしれませんが、臨床心理学を学ぶときもたいていは米国・欧州を参考にしてしまうので、アジア諸国の様子をちっとも知らないのですが、中国にもスクールカウンセラーがいる(これから置く?)んですね。

農村の「カギッ子」たちに心理的健康教育 福建省(チャイナネット)

 多くの出稼ぎ農民労働者の子供たちは農村のわが家に残され、「カギッ子」(留守児童)となっている。これらの子供たちには品性行為面での偏差と心理障害の問題が生じやすいことに対して、福建省教育庁はこのほど、各地の教育部門がこれらの子供たちに対して心理的健康教育を行い、条件のある学校には、「心理コンサルティング室」或いは「心の中を打ち明けるポスト」などを設置すること、という内容の通達を下した。



中国と言っても、福建省のお話のようですが、カウンセリングというよりも、「心理的健康教育」なんですね。あくまでも「教育」というところが、日本との違いですね。

続きを読む≫
スポンサーサイト
│posted at 23:55:04│ コメント 4件
2006.11.26(日)

いじめで出席停止

先日のエントリーいじめ対策には臨床心理士より教員?(11/22)でTominaga,yさんから、

いじめ加害者の悲しみ・否定された自己意識・怒りへの対応、この事実に直面し、心を開く相談・カウンセリングが必要だと思います。



というコメントをいただいたところでしたが、安倍さんの周辺ではこんな方向へ行っているようです。

いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ(読売新聞)

記事の全文は読んでいただくとして、

続きを読む≫
│posted at 14:49:44│ コメント 4件
2006.11.22(水)

いじめ対策には臨床心理士より教員?

安部さんなどは、いじめ対策にスクールカウンセラーの活用を挙げていましたが…

いじめ防止へ相談員雇用 10万円を補助 京都府が緊急対策(京都新聞電子版)

 京都府は21日、府内の私立学校でのいじめ防止につなげようと、教員OBらを相談員として雇用する際の人件費を月額10万円を上限に補助する「いじめ等相談体制緊急対策」を発表した。

 府は私学運営費補助金のうち、小、中、高校の取り組みに応じて配分する特色教育推進補助(予算枠6億3800万円)の中で、中途退学・不登校対策として臨床心理士らの人件費補助を行ってきた。いじめ緊急対策として、同補助の条件を弾力化し財源に充てる。

 臨床心理士だけでなく、教員OBら学校が適切と認める人の雇用に対し、月額10万円を上限に経費の2分の1を雇用月数に応じて補助する。11月1日時点の雇用からさかのぼって適用する。



“臨床心理士だけでなく”となっていますが、「いじめ対策には、臨床心理士より教員OBを」と言っているように聞こえなくもないです。

続きを読む≫
│posted at 09:58:06│ コメント 11件
2006.10.26(木)

こんな「いじめ」対策じゃあねえ・・・

教師のことを聖職者なんて言ってたのは遠い昔の話なんですね。なんかこんなの見ると情けなくなります…。

いじめに加担した教師、最悪の場合くびに…都教委(読売新聞)

 いじめを苦にした児童・生徒の自殺が相次ぐ中、東京都教育委員会は26日、教師がいじめに加担した場合、最高で免職処分にできるよう懲戒処分基準を見直した。

~中略~

 これまでの基準では体罰やセクハラ、交通事故などが懲戒処分の対象とされ、いじめについては処分すべきかどうかをその都度、判断していた。新たな基準では教師による児童・生徒へのいじめや、児童・生徒同士のいじめを助長させるような言動を処分対象として明記する。

 いじめを隠そうととしたり、被害に遭った児童・生徒が不登校になったりした場合は免職もしくは停職。悪質性が低くくても、教師によるいじめなどがあれば減給や戒告処分とし、学校現場の担当を一定期間外して「いじめ再発防止研修」を受けさせる。

~以下省略~



なんていうか、「いじめ」に関する規定をわざわざ明文化しなければならないなんて、どんだけレベル低いねんって話ですよ。

続きを読む≫
│posted at 23:56:46│ コメント 7件
2006.10.23(月)

「いじめ」について

おはようございます。ようやく風邪も少しはよくなってきたようです。ファッションの流行には乗れなくても、風邪の流行には敏感な自分がとても嫌な今日この頃…。

さて、昨日も一日ボーっとテレビ見てたんですが、報道系番組では「いじめ」か「北朝鮮」か、だいたいこの2つで番組の大半を占めているような状態ですね。

いちおう、教育現場でも働いてたことのある臨床心理士の私としては、いじめの報道にはそれなりに注目してしまうのですが、テレビで言ってる「いじめをなくすには?」とか「自殺をなくすには?」いうテーマでの議論がどうにも腑に落ちない話が多いというか、もっともだなあと思う話もあれば、的外れな気がする話も多かったり。

続きを読む≫
│posted at 09:15:26│ コメント 17件
千客万来





人気Blogランキング
参加しています。1日1回
クリックしていただけると、
大変ありがたいです。







成分分析



 
宿泊ならこれが便利

















 
交通機関はOK?



 
最新記事とコメント

最近のコメント

 
本と言えばやっぱり

 
最近のトラックバック

 
ページランキング

 
ブロとも申請フォーム
アクセス解析 アクセスランキング

ランキングブログ医療介護
BBS7.COM
MENURNDNEXT
Back
Next
Random
List
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。